石川県金沢市 加賀藩前田家墓所②

/②/
つづき。


正四位下行左近衛権少将兼筑前守菅原朝臣光高之墓」。
3代前田光高の墓。
2代前田利常の長男として生まれ、
父の隠居によって家督を相続し、
弟2人に富山藩大聖寺藩を分与。
将軍徳川家光の養女大姫を正室に迎え、
徳川家との結びつきを強くしていますが、
大老酒井忠勝の茶会の席で急死してしまいます。


参議贈従二位行左近衛権中将兼肥前守菅原朝臣綱紀之墓」。
4代前田綱紀の墓。
父光高の急死によって僅か3歳で藩主に就任。
藩政は祖父の2代利常が後見します。
成長して自らが藩政を担うことになると、
新田開発や農村制度の整備、御小屋の設置、
家中職制制定、学問の奨励、領地紛争解決など、
数々の任政を行って名君と呼ばれました。


参議正四位下行左近衛権中将兼加賀守菅原朝臣吉徳之墓」。
5代前田吉徳の墓。
家格の高さゆえに出費の多かった加賀藩は、
次第に財政の悪化へと向かっており、
吉徳はこれを打開する為に大槻伝蔵を登用。
倹約令、新税制定、米相場投機の改革など、
財政改革に成功しています。


正四位下行左近衛権中将兼加賀守菅原朝臣宗辰之墓」。
6代前田宗辰の墓。
吉徳の死後の家督を継いでいますが、
僅か2年後に急死しています。


正四位下行左近衛権中将兼加賀守菅原朝臣重熙之墓」。
7代前田重熙の墓。
兄の宗辰が早世した為に家督を相続。
先々代の財政改革に関わった大槻伝蔵は、
吉徳の死後に失脚していましたが、
重熙と宗辰の生母浄珠院毒殺未遂事件が発生。
これが吉徳の側室であった真如院の犯行とされ、
真如院が大槻と密通していたと発覚しています。
※これは門閥派の陰謀と云われています。
これが加賀騒動と呼ばれる事件で、
大槻は自害、真如院は幽閉されていますが、
重熙は事件の5年後に死去。
藩内は騒動の余波で混乱が続きました。


正四位下行左近衛権少将兼加賀守菅原朝臣重靖之墓」。
8代前田重靖の墓。
兄重煕の死によって家督を継ぎますが、
同年の国入りの道中で麻疹を患い、
金沢に到着後すぐに死去してしまい、
弟の前田重教が跡を継ぐことになります。


正四位下行左近衛権中将兼肥前守菅原朝臣重教之墓」。
9代前田重教の墓。
相次ぐ兄達の死によって家督を相続。
連続する藩主交代で財政は悪化し、
更に城下に大火が発生して拍車が掛かります。
財政難の中でも寺社の保護を積極的に行い、
多くの寺社を再建、造営しました。
またの普及にも貢献しています。

つづく。
/②/

■関連記事■
石川県金沢市 金沢城①//
 加賀藩前田家の居城跡。
富山県富山市 長岡御廟(富山藩前田家墓所)
 加賀藩の支藩富山藩前田家の歴代墓所。
石川県加賀市 実性院(大聖寺藩前田家墓所)
 加賀藩の支藩大聖寺藩前田家の歴代墓所。
石川県七尾市 七尾軍艦所跡
 加賀藩の海軍施設跡。
石川県小松市 小松城跡
 一国一城令の例外である支城小松城跡。