福井県福井市 丹羽長秀墓所

福井市に丹羽長秀の墓があります。
長秀は織田信長宿老であり、
柴田勝家に次ぐ二番家老となっていました。

信長が倒れた後は羽柴秀吉に味方して越前を与えられ、
123万石を有する大大名になっていますが、
積虫に苦しんだ末に腹を切って死去しています。


総光寺」。
総光寺は丹羽家菩提寺として長秀が建立した寺で、
長秀は死後にここへ葬られましたが、
跡を継いだ丹羽長重は秀吉によって厳封され、
それに伴い総光寺は小松に移転しました。
跡地には長秀の墓所を守るために宗徳寺が建立され、
総光寺の末寺となっています。
その後、総光寺や宗徳寺は廃寺となりますが、
結城秀家が越前に封じられて福井藩が立藩すると、
その重臣である芦田家によって総光寺は再興。
長秀の墓は新しい総光寺に移されました。


丹羽長秀公御墓」。
総光寺の裏手にあります。
右側が長秀の墓で、左は次男の丹羽長正の墓。
長正は家督を継いだ長重と共に前田利長と戦い、
※浅井畷の戦い。
戦後に徳川家康によって改易されています。
後に兄の長重は許されて大名に復帰していますが、
長正は大坂の豊臣秀頼に仕えました。
大坂冬の陣では豊臣方として戦いますが、
夏の陣の直前に離脱して福井に隠遁。
元和6年(1620)に死去しています。

丹羽家当主の長重は徳川秀忠御伽衆となり、
最終的には10万石を領するまでとなり、
※関ヶ原で西軍に与して改易された大名で、
 10万石まで回復したのは長重と立花宗茂のみ。

丹羽家は二本松藩に移って廃藩置県まで続きます。

■関連記事■
福島県二本松市 大隣寺(二本松藩丹羽家墓所)
 二本松藩丹羽家の歴代墓所。
福島県二本松市 霞ヶ城跡
 二本松藩丹羽家の居城跡。