石川県輪島市 天領黒島

慶長10年(1605)に加賀藩2代藩主前田利長は、
隠居して富山城に移りますが、
その富山城の近くに土方雄久の領地があった為、
幕府の許可を得て能登領との交換を持ち掛け、
能登の一部が土方領となりました。
その後、土方家は4代続きますが、
4代土方雄隆お家騒動で改易となり、
能登の土方領は天領となります。
始め幕府の代官所が設置されていましたが、
元禄年間に一時鳥居忠英水野数馬に与えられ、
再び天領となった際は加賀藩の御預所となり、
加賀藩による委任統治が行われました。


黒島もその能登天領の一部で、
北前船の船主や船頭の居住地として栄え、
現在も当時の風情が残っており、
重要伝統的建造物群保存地区となっています。


黒島の街並み。
建物が黒瓦格子下見板張りで統一され、
統一感のある美しい景観を保っています。
勿論全ての建物が当時のものではありませんが、
新築や修繕などは規定に沿うと、
7割の補助金が出るという。


旧角海家住宅」。
角海家廻船問屋として財を成し、
最盛期には7隻の北前船を持ったとされます。
この建物は明治4年に火災で焼失した後、
元通りに再建されたものでしたが、
平成19年の能登半島地震の被害で半壊。
これを機に角海家より輪島市へと寄贈されて、
平成23年に市によって復元されたもの。
内部を見学する事が出来ます。


黒島の海岸。
この黒島の浜にはが無く、
北前船を沖合いに停泊させて、
小舟にて上陸していたようです。
冬場には北前船を大坂に停泊させて、
船員らは歩いて帰って来ていたという。
このような不便な場所が栄えたのは、
曹洞宗大本山であった総持寺が関係します。
上記の角海家や森岡家が御用達を務め、
門前町の海の玄関であった事から、
全国の曹洞宗寺院の住職がやって来て、
大きな賑わいを魅せるに至りました。

■関連記事■
福井県永平寺町 永平寺
 曹洞宗大本山のひとつ。