福岡県北九州市 立場茶屋銀杏屋

長崎街道黒崎宿木屋瀬宿の間には、
小倉側からの最初の難所である石坂があり、
諸大名も駕籠を降りて登った急坂の頂上に、
休憩所(立場茶屋)がありました。
この休憩所は銀杏屋と呼ばれ、
急坂を登り切った諸大名や幕府高官が、
しばしの休憩で体を癒したようです。


立場茶屋銀杏屋」。
この銀杏屋の主屋が現存しており、
保存整備が成されて一般公開されています。
この銀杏屋は豪農であった清水家の所有で、
庭先に大きな銀杏の木があることから、
いつしか銀杏屋や銀杏屋敷と呼ばれ、
大名行列から事前に連絡を受けて、
主屋を休憩所として開放していました。
あくまで諸大名達の休憩所であった為、
宿泊する事は出来ませんでしたが、
昼食を取る事はできたようです。


座敷には上がることもできます。
大名が休憩する上段の間書院造で、
他の部屋より三寸ほど高くなっており、
天井裏は土で塗り固められているという。
※暗殺避けの為。


上段の間にあるお殿様の顔出しパネル
ゆきちゃんも大名となりましたが、
肩の手が心霊写真みたいになってます。


立場茶屋の銀杏」。
この銀杏屋は天保7年(1836)に焼失し、
その翌年に再建されたもの。
庭の銀杏も被害に遭っていますが、
後に根株から芽が出て再生したようで、
現在の四幹立ちの大木に成長しています。

大名行列が宿場を通過する事はありますが、
このような難所では必ず休憩した筈。
長崎街道を通る九州諸藩の大名全てが、
この銀杏屋の上段の間に上り、
少なからず休憩した事でしょう。
歴代の佐賀藩主熊本藩主薩摩藩主も、
たぶん上段の間に座った筈です。
※確認はしていません(笑)。

■関連記事■
福岡県北九州市 黒崎宿跡
 長崎街道の1番目の宿場町。筑前六宿。
福岡県北九州市 木屋瀬宿跡
 長崎街道の2番目の宿場町。筑前六宿。
福岡県飯塚市 飯塚宿跡
 長崎街道の3番目の宿場町。筑前六宿。