島根県鹿足郡津和野町 殿町通り

津和野町津和野藩の城下町で、
山間の小さな盆地に武家屋敷の町並みが広がる「小京都」として知られます。

津和野藩は、幕長戦争では中立の立場を取ったが、実際には長州軍通過を容認し、
藩士も長州藩と行動を共にしたものも少なからずいました。
そういったわけで、結果的には新政府内に人材を送り込むことになっています。


現在も当時の建物が多く残されており、情緒ある町並みが楽しめ、
小さな町ながら観光地としての魅力があふれています。
写真は「役場津和野庁舎」。


藩校「養老館跡」。
森鴎外西周などを輩出しています。
堀割の鯉が泳ぐ、津和野を象徴する光景です。


武家屋敷が並ぶ町並みにアンバランスとも思えるゴシック様式の教会。
津和野カトリック教会」です。
津和野といえば、キリシタン迫害というもうひとつの顔があります。
長崎浦上村のキリシタン信徒153名が津和野藩に流刑となり、
信徒らは廃寺に収容されて迫害を受けました。
隣接する乙女峠展示室には、迫害の歴史などが展示されています。


教会の中は、珍しい畳敷きです。
ステンドグラスに差し込む日の光がきれいですね。


多胡家老門」。
津和野藩家老多胡家の屋敷門です。
多胡といえば「釣りバカ日誌」の「多胡君」を思い出しますが、
まあ関係ないでしょう。
この多胡家は、代々津和野藩の家老として活躍し、
新田開発やお家騒動の鎮静化などに活躍したようです。
門は、現在改装中でした。

次回は、5大稲荷のひとつ「太皷谷稲成神社」に向かいます。

■関連記事■
島根県鹿足郡津和野町 亀井家墓所
 津和野藩主亀井家の墓所。
島根県鹿足郡津和野町 津和野城跡
 津和野藩の藩庁である津和野城の跡。
島根県鹿足郡津和野町 岡熊臣旧宅
 藩校養老館の初代国学教授岡熊臣の旧宅 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。