島根県鹿足郡津和野町 亀井家墓所

津和野藩主亀井家の墓所は、
城下北側の乙雄山中腹にあります。


永太院」。
亀井家の菩提寺永明寺の末寺で、
亀井家墓所はこの永太院の奥。
境内には樹齢百年以上とされるシダレザクラがあり、
春には見事な花を咲かせるそうです。


西家墓所」。
亀井家墓所へ向かう石段の途中にある西家墓所。
西家は代々津和野藩の御典医を務める家柄でした。
西周はこの家の出身で、
江戸に出て洋学を学び、幕命でオランダへ留学。
榎本武揚澤太郎左衛門らと共に、
法学、哲学、経済学、国際法などを学びます。
慶応元年に帰国すると、徳川慶喜の側近として活躍。
維新後、徳川家が開校した沼津兵学校の初代校長となり、
明治3年より明治政府に出仕。軍政の整備に努めました。
以後は公職の傍ら哲学者、啓蒙思想家として活躍しています。
西周の墓は東京の青山霊園にあり、ここにはありません。


亀井家墓所」。
石段を登った先にある亀井家の墓所。
歴代藩主およびその親族の墓石が立ち並んでいます。
明治以降、東京にあった墓石もここに移築されたようで、
墓域には71基もの墓石が建っていました。
とはいえ、そこまで所狭しといった感じではありません。


中山道月大居士(始祖 茲矩公)」。
藩祖亀井茲矩の墓。
藩祖の墓は、普通他より大きいものですが、
こじんまりとした自然石の小さなお墓です。
元々は毛利元就に滅ぼされた尼子家の家臣で、
山中鹿介らと共に尼子勝久を擁し、
尼子再興を目指しています。
織田信長が台頭すると傘下に入って毛利家に対抗し、
羽柴秀吉明智光秀の配下となって活躍しますが、
勝久や山中が毛利に討たれ、尼子再興は潰えてしまい、
その後は尼子再興軍を吸収し、秀吉の家臣となりました。
関ヶ原の戦いでは東軍として戦い、
その功績で鹿野藩3万8000石の藩主となっています。


悟隻浄頓大居士(初代 政矩公)」。
鹿野藩亀井家2代藩主でしたが、
津和野藩主坂崎直盛千姫事件で改易になると、
津和野藩へ加増転封となり、
亀井津和野藩初代藩主となっています。
徳川秀忠の信任厚く、姫路藩への加増の話もありましたが、
30歳の若さで急死してしまい実現しませんでした。


従二位勲三等亀井茲監墓」。
墓所の一番奥にある11代藩主亀井茲監の墓。
藩士の減俸、特産品の増産奨励などで財政再建を行い、
また江戸下屋敷を売却して藩士教育資金に充てるなど、
名君であったと伝えられています。
第二次長州征伐には消極的で中立の立場を取り、
長州軍の領内通行を許しました。
津和野藩は新政府に多くの人材を送り出し、
自らも参与として新政府に出仕。
主に教育関係、宗教関係で手腕を発揮しています。
明治18年死去。


亀井茲監顕彰碑」。
墓石の傍らにある顕彰碑は森鴎外の撰。
茲監が正二位を追贈された際に建てられたもの。

茲監の隠居により後を継いだ次代の亀井茲明は、
茲監の功績が認められて伯爵に陞爵。
日清戦争が起きると、日本初の従軍カメラマンとして、
陸軍大将大山巌率いる第二軍に従軍し、
300枚にもわたる戦場写真を撮影して、
明治天皇に献上しています。

■関連記事■
島根県鹿足郡津和野町 津和野城跡
 津和野藩亀井家の居城跡。
島根県鹿足郡津和野町 殿町通り
 津和野城下町は、武家屋敷の町並みが残る小京都。
島根県鹿足郡津和野町 太皷谷稲成神社
 日本五大稲荷のひとつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。