島根県鹿足郡津和野町 岡熊臣旧宅

津和野城下を流れる津和野川上流の山下村に、
藩校養老館の初代国学教授岡熊臣の旧宅があります。


電柱が無ければ江戸時代と同じであろう風景。
中央の建物が岡熊臣の旧宅。

岡は富長山八幡宮の神官岡忠英の子として生まれ、
幼少時より学問を好んで書物を読み漁り、
本居宣長を知って国学に傾向していったようです。
江戸へ出て宣長の門人村田春門に国学を学んだ後、
帰郷して日本書紀私伝三大考追考などを著しました。


岡熊臣私塾桜蔭館」碑。
岡は自宅で私塾を開き、国学を教えています。
この私塾が後の津和野藩の国学隆盛の礎となりました。


岡熊臣旧宅」。
宮大工によって建てられたもののようですが、
素人目からは普通の農家建築のように見えます。
神職を継ぎながら、ここで国学を教授し、
国学や和歌の研究、柿本人麿の伝記や、
兵書の著作を行いました。

津和野藩11代藩主亀井茲監による藩校の拡張の際、
国学教授として迎えられた岡は、学則制定にも参加し、
儒学も教科に含まれる中で、
国学を教育の基本方針として掲げています。

既に老齢となっていた岡は、嘉永4年に死去しますが、
養老館の国学は大国隆正らによって受け継がれました。
そうして国学が津和野藩全体の精神的支柱になり、
明治新政府に多くの人材を輩出する結果となった訳です。

■関連記事■
宮崎県日南市 飫肥藩校振徳堂
 飫肥藩の藩校振徳堂。
防府市 西山塾跡
 大楽源太郎の私塾跡。
萩市須佐 育英館跡
 益田家須佐領の郷校育英館の跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。