宮崎県日南市 飫肥藩校振徳堂

飫肥藩の藩校振徳堂は、
11代飫肥藩主伊東祐民が開いた学問所を、
天保2年に13代飫肥藩主伊東祐相が再建したもの。

校名は「孟子」の「又従而振徳之」に由来して名付けられ、
総裁兼教授として安井息軒の父安井滄洲が任じられ、
その他に息軒や稲津済落合雙石等か教壇に立ちました。
この振徳堂は、小倉処平小村寿太郎等を輩出しています。


振徳堂」。
振徳堂は廃藩置県に伴い廃校となりますが、
建物は西南戦争飫肥隊の兵站部として利用され、
尋常高等小学校青年学校飫肥保育所を経て、
老朽化していたものが、市民の募金により、
修理・復元されて現在に至ります。


振徳堂碑」。
振徳堂脇に建つ立派な石碑。
昭和13年9月に建てられたもの。


小村寿太郎像」と「小倉處平顕彰之碑」。
敷地の北西端には小村寿太郎の胸像と、
比較的新しい小倉処平の顕彰碑が建てられています。
教科書にも必ず載る小村寿太郎は、振徳堂の代表的な出身者。
西南戦争で戦死した小倉処平は、小村の恩人ともいえ、
小倉の招集によって小村は見出され、
米国留学を経て外務省へ出仕することになります。

このブログのテーマである幕末維新からは、
小村の主な活躍時期は外れていますが、
幕末以来の不平等条約撤廃を成し遂げた外相ですので、
そういう意味では大変重要な人物。
その小村の生家に行ってみます。

小村寿太郎生家」。
小村寿太郎は、飫肥藩士小村寛平の長男として生まれ、
藩校振徳堂に学んでいます。
維新後、小倉処平は優秀な子弟を長崎に留学させており、
小村もその中に含まれていました。
長崎で英語を数ヶ月学び、
翌年には東京大学の前身大学南校に入学しています。
これは小藩でも大学南校に入学できる貢進生制度によるもので、
小倉らが進めていたものでした。
小村は第1回文部省海外留学生に選ばれて米国に留学し、
ハーバード大学で法律を学び、帰国後は司法省に出仕。
外務省へ移った後は各国の公使などを歴任し、
第1次桂内閣外務大臣に就任します。

ロシアとの対立から重要視された日英同盟を締結し、
日露戦争後のポーツマス講和条約に調印。
その内容に不満を覚えた国民の批判を浴びますが、
実際は戦争継続が困難なほど日本は疲弊しており、
後世ではこの交渉は高く評価されています。

第2次桂内閣でも外相を務め、日米通商航海条約を調印。
幕末より続いていた関税自主権の回復を果たし、
日露協約の締結や韓国併合にも関わりました。

この建物は一度振徳堂の裏手に移築され、
大正10年に再びここへ戻されたもの。
現在は老築化が進んでいたものが修復されて、
一般公開されています。

■関連記事■
長崎県大村市 五教館跡
 大村藩の藩校五教館の跡。
大分県日田市 咸宜園跡
 廣瀬淡窓が開いた江戸時代最大の私塾。
栃木県足利市 足利陣屋跡と足利学校
 日本最古の学校。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。