「幕末 維新の暗号」加治将一

名古屋に出張・・・。

3時間半ほど電車の中です。
毎度のように駅の書店で文庫本を買って読んでいます。

今回読んだのは「幕末 維新の暗号」。

表紙にトンデモ写真と噂のフルベッキ写真。
加治将一?知らんなあ・・。
まあよくわからんが、幕末本だし3時間半の暇つぶしに読んでみるかと購入。
新幹線で読んでみた。

望月真司は封を切った。(中略)送り主は望月真司の前作、「龍馬の黒幕」を堪能したとある。

ん?あれ?作者は加治将一だよな?ああ、架空のキャラを自分に見立ててるのか。「龍馬の黒幕」?なんか覚えあるなあ・・。
あれはたしか出張中のホテルでたまたまテレビをつけたら、そんな特集をやってた・・。
龍馬はグラバーとかハリスとかのエージェントだったとかなんとか・・。
その時は笑いながら見てたなあ。なんか嫌な予感がするが、続きを読んでみよう。

ある人物にフルベッキ写真を送られ、その写真が本物かどうか調べるというストーリーらしい。まず、小松帯刀が同一人物だと比較写真や、一緒に写っている西郷、大久保の位置関係からして、本物だと主張している。
写真は似てるとは思えないし、位置関係云々の説明も微妙ながら、まあロマンがあっていいじゃないと読み進める。
その後は勝海舟、撮影場所の推理、フルベッキ本人の説明を、ストーリー仕立てで書いている。

「注目すべきは、彼のもう一つの顔、フリーメーソンです」

出た!まあなんか陰謀とかなんとかよくある説だよねぇ。
そこからだんだん脱線してきた・・。南北朝時代の話?
なんだなんだ?
ん?江藤新平は陰謀で殺された?
グラバー、サトウ、フルベッキは全能の神々で、武士は子供同然?
なんだかトンデモ説がたくさん出てきた。
そしてとうとう明治天皇がすり替えられたということにまで発展・・・。
おいおい!
んで、調べて真相を探っているうちに「南梟団」という秘密結社が妨害してくる。明治天皇がすり替わった事を隠すために・・・・。
フルベッキ写真がアメリカ国防省に保管されていて、日本の政治家がアメリカのいいなりなのは、フルベッキ写真があるからだそうだ。
最終的に1ドル札に梟が隠されているので、アメリカと「南梟団」がつるんでるって話。

・・・まず皆さん!これはフィクション小説ですよ!
信じないでね。これ読んで「そうだったんだ!」と思わないように。

僕はダビンチ・コードを見て、ふーん程度なんでしょうけど、キリスト教圏の人からしたら眉唾なんでしょうね。
実際、キリストの子孫を秘密裏に、しかも本人にも気づかれず2000年も守るのは不可能ですしね。

でもね・・・・こういうノンフィクション風のフィクションって、読む人によっては信じてしまうんですよね。
歴史に詳しくなかったら「へーそうなんだ」って思うもんなあ・・。

左寄りの思想で書いたのか、
ただ面白いものを書こうとしただけなのか、
タブーに挑戦して話題を作って名を売ろうとしたのか、
天皇制に反対の立場でかいたのか、
陰謀オタクなのか、
作者がどういう意図で書いたのかはわからないけど、
これはネガティブキャンペーンとなります。

「南梟団」ってネーミングセンスが無いですね。

※※これがトンデモ幕末史との出会いです(笑)。この頃はそこまで重要な事とは思っていなかったのですが、こういうフィクションで歴史が歪められるということが、政治にからんで起きている事を後に知る事となります。2019/08/06

■関連記事■
幕末の暗殺事件が長州主導だって??
 幕末史の一部では長州藩が悪の組織のように書かれています。
「消された「西郷写真」の謎」斎藤充功
 西郷の写真が残されていないという謎。
いろいろな陰謀説について①
 陰謀説を考察。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。