るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編

るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編を続けて観ました。
明治11年の話なんで幕末じゃないし、ほとんどフィクションなんですけど、
第1部も観たんで(記事はこちら)続きも観ないとね。

原作は週間少年ジャンプで連載されていたもので、
ドラゴンボールキン肉マンから、ワンピースナルトへと繋がる
少年ジャンプお決まりの最強の敵が次々と出てくるタイプのマンガなんですが、
明治初期という新しいジャンルで、幕末・維新を少年たちに教えたという意味でも、
評価できるマンガなんじゃないかと(ほとんどフィクションですが・・)。

今回は剣心と同じ「人斬り」で、鳥羽伏見の戦いの折、
その残虐性を危惧した官軍に、なます斬りにされて燃やされた志々雄真実が敵役。
生きたまま燃やされ全身火傷で、包帯を巻いた異様なキャラを藤原達也が演じています。
藤原達也ってこういう変わった役多いですよね。

主役の佐藤健。彼の顔、僕好きなんですよね。
いや、変な意味じゃなくて・・・・。男でも好きな顔あるんですよね。
他にも亀梨とか長瀬とか好きな顔です。

この映画の売りは、やはりアクションでしょう。スピーディで観てて気持ちいい。
逆刃刀を使って「人を殺さない」ことになっているのですが、
いくら刃が無いって言っても、あんな速さで殴られたら何人か死んでるでしょう?
木刀でも人は死ぬっていうし・・・。

「るろうに剣心」をそんなに知らないのですが、
知らないだけに蒼井優というキャラに意味があったのか?とか、
十本刀とか言ってたわりに、はじめの一人以外ほとんど雑魚キャラだったなとか、
志々雄が刀を振ると、炎が出るのはなんでかなとか、
よくわからない部分もありましたが、そんな事あまり気にしなくても、
娯楽映画として十分に楽しめる作品でした。

■関連記事■
河上彦斎
 剣心のモデル。
東京都大田区 池上本門寺
 河上彦斎の墓があります。
「神剣 人斬り彦斎」葉室麟
 河上彦斎が主人公の小説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。