東京都大田区 池上本門寺

東京へ日帰り出張。
LCCを使って、行きは一番早い便。
帰りは8時台の便です。商談先は1ヶ所だけ。
あとはひたすら待つだけで、
同僚からは大変だねと言われますが、
どちらかと言えばラッキーだったりします。

7時に東京に着いて、商談は13時30分から。
現地へは1時間半と時間があったので、
横浜の領事館跡巡りをしたわけです(前回の記事)。
で、商談した後に時間があれば、
どこかに行ってみようと思っていました。
※仕事も十分成果は出してますよ(笑)。
 ON/OFFの切り替えが大事なのです。

・・が、商談が16時まで掛かってしまい、
それほど時間が無い。
この短時間で行ける幕末史跡は・・と、
スマホで大田区周辺を探して「本門寺」を見つけました。
蒲田東急線に乗り換えて2駅・・行けないことはない。
ギリギリまで悩んで「ええい!いったれ!」と蒲田で下車。
東急池上線に乗って、池上駅に到着しま。

飛行機は20時15分。十分時間はあるのですが、
日没が心配で早足で本門寺へ向かいます。


本門寺」。
本門寺は日蓮聖人入滅(臨終)の霊跡。
日蓮宗の七大本山のひとつで、
鎌倉時代より坂東武者の庇護を受け、
江戸時代に入っても諸侯の祈願寺として栄えました。


本門寺大堂」。
加藤清正が母の七回忌追善供養のため建立しましたが、
度重なる火災でこの本堂は4代目との事。


細川家墓所」。
本門寺墓所には巨大な墓碑が多く建っています。
これらは大名家の墓で、紀伊徳川家、米沢上杉家
加賀前田家などなど・・。
戒名に「大姉」と付いた女性の墓が多く、
江戸屋敷に在住した藩主正室のものでしょう。

肥後細川家の墓所もそのひとつですが、
ここに「四大人斬り」の河上彦斎の墓もあります。

河上彦齋先生碑」。
河上彦斎は「るろうに剣心」のモデルとされ、
ある程度の知名度はありますが、
剣心の異名「人斬り抜刀斎」の「」以外、
ほとんど類似点が無いような気がします。
あえていうなら小柄で色白、女性のような容姿ながら、
片手抜刀術の達人だったというところでしょうか?
※るろうに剣心をそこまで知らないので、
 他にもあるのかもしれません。

彼は佐久間象山を斬ったことでも有名ですが、
簡単に人を殺し、斬った後も平然としていたと語られますが、
象山以外の殺人の確たる証拠はありません。
ただ、当時の多くの人が語っているのですから、
たぶん何人も斬ってるんじゃないかなとは思いますね。
大村益次郎広沢真臣の暗殺、二卿事件などへの関与を疑われ、
明治4年に斬首されました。これは墓ではなく慰霊碑
墓はその奥の小さいものです。


慶観法性信士(河上彦斎の墓)」。
事前のリサーチがなければ絶対見落とします。
大きい墓石の影ですし、戒名だけですし、ほんとにこれなの?
と、疑いたくなりますが、側面にしっかりと刻まれていました。


しっかりと「通称 高田源兵衛」と刻まれています。
高田源兵衛は彦斎の明治期の名前。
象山の子三浦啓之助が、敵討を狙っているという事で、
高田源兵衛に改名したとされています。

五重塔左側の道をさらに奥に進むと、
西条藩松平家墓所へ。

枢密顧問官正二位勲一等子爵花房義質之墓」。
西条藩松平家墓所への道すがらの左手側にあります。
花房義質は明治、大正期の外交官で、
岡山藩士で緒方洪庵の適塾出身。
駐露全権公使榎本武揚の補佐もしています。


東光岡本柳之助墓」。
さらに先に歩いた左手側。
乙未事変三浦梧楼らと朝鮮王后暗殺を主導した人物。
紀州藩士で幕末期は砲術を学び、彰義隊にも参加しています。
陸軍に出仕して西南戦争で各地を転戦し、功を挙げました。


西条藩松平家墓所」。
西条藩は紀州藩の支藩で、伊予に陣屋を持っていましたが、
定府大名でしたので、江戸に定住していました。
ですので墓所は江戸のみということになります。


徳本院殿頼英義道日慈大居士」。
10代藩主松平頼英の墓。幕末の藩主。
資料が少なくどういう人物かはわかりません。
国元では藩士達が藩論を勤皇に統一しており、
江戸在府の藩主頼英に帰藩を要請し、
新政府も召還命令を出していますが、
江戸から動かずに家老を派遣しています。
しかし鳥羽伏見の戦いが新政府勝利に決すると、
頼英はすぐに兵を率いて入京。
二条城々北猪熊口柵内の警衛を命じられました。
上野戦争後に京の安定が見られた後に、
帰藩を許されて初めて西条に入っています。
江戸在勤藩士は、吹上御門警衛水道橋関門警衛を担当。
廃藩置県後は東京に移住し、明治38年に死去しています。


力道山の墓」。
西条藩松平家墓所に隣接して力道山の墓がありました。
一世を風靡して戦後の民衆に希望を与えましたが、
僕の生まれる10年も前に亡くなった人物なんで、
そこまでよくわからない。
アントニオ猪木の師匠だったのは知っています。


大村家旧藩士之墓」。
力道山の墓所の左後ろ側、
西条藩松平家墓所の裏手にあります。
この周辺が大村藩大村家の墓所だったようで、
これは旧藩士らの合葬墓。
西条藩松平家の墓所が石柵付きなのに、
実高は6万石に達していた大村藩の藩主家にしては、
※大村藩の表高は2万7千石。
いささかこじんまりとしてるなぁと思ったら、
元々大きな墓所だったのが青山霊園や、
長崎県大村市本経寺に大部分が改葬されたとのこと。
現在はこの合葬墓と大村家の墓、
大村純雄とその家族の墓のみです。


正二位大村純雄之墓」。
佐土原藩主島津忠寛の次男で、
薩摩藩の藩費留学生として米国留学し、
帰国後に元大村藩主大村純煕の婿養子になった人物。
実弟に島津家ながら城山で戦死した島津啓次郎がいます。
大村湾水産養殖所の設立に関わり、
大村の真珠養殖事業に貢献しました。

墓地の南側、隣接する法養寺に近い場所に、
比較的広い敷地のお墓があります。

野口家之墓」。
代々のお墓ですが、加賀藩の勤皇志士野口之布の墓。
彼は昌平黌で、高杉晋作と知り合っていたようです。
野口家は家老横山家の家臣だったようで、
加賀藩の尊皇派弾圧によって永禁固処分となり、
その後の政情の変化により釈放。
北越戦争等に従軍しており、維新後は文部省、
及び司法省に出仕しました。

代々の墓などは霊標(法名碑)などで、確認が必要。

ちゃんと「俗名 野口之布」と刻まれていました。

こういう大きな場所を訪問するには、事前のリサーチが重要。
今回は急遽行く事を決めたので、
スマホで調べ探すの繰り返しでした。
結局、ある程度は見つけられましたが、
まだまだ本門寺には見つけるべき墓があったようです。
西郷勝両雄会見之処」もすっかり忘れていましたし、
幕臣の墓もいくつかあったようでした。

タイムリミットとなったので、終了して帰りましたが、
まあ時間無いわりには、結構しっかり巡れたかなとは思います。

■関連記事■
熊本県熊本市 桜山神社
 肥後勤皇党の招魂社。河上彦斎の墓碑もあります。
和歌山県和歌山市 和歌山城
 西条藩は紀州藩の支藩。
長崎県大村市 玖島城跡
 大村藩は鎌倉より大村を治めた名門。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。