防府市 「花燃ゆ」大河ドラマ館

防府市の「花燃ゆ大河ドラマ館」が来場者数が伸びていないらしい。
「花燃ゆ」の視聴率低下や、
まだドラマに市が登場していない事が原因だとされています。
たしかに一般人にとって「花燃ゆ」で防府市を思い浮かべる人は少ない。
多分ドラマに市が登場するとしても、
49回50回の最後らへんにちょこっと登場する程度でしょうね。

でもね。意外と防府市は「花燃ゆ」関連の史跡ありますよ。
なんといっても「桑山公園」。
(楫取美和子)と小田村伊之助(楫取素彦)の墓所があり、
野村望東尼の墓、御楯隊鴻城隊などの招魂場もあります。

また、軍港の三田尻港三田尻御茶屋(英雲荘)は、
尊攘派志士のほとんどが足を踏み入れている場所です。

もちろんメジャーの観光スポットである防府天満宮国分寺
毛利氏庭園など見所満載です。

まあ、「花燃ゆ」見て山口県に行きたいと思っても、
まずは「萩市」でしょうし、次は「山口市」か「下関市」になるわけで、
「防府市」はよほどマニアックな人じゃないかぎり思いつかない。

・・で、行ってきました。
閑古鳥が鳴いてると報道された「ほうふ花燃ゆ大河ドラマ館」。

日曜だというのにたしかに人はまばら・・・・。
萩の「花燃ゆ大河ドラマ館 文と萩物語」はかなりの人でしたが、
ちょっと寂しいですね。
中は撮影禁止
萩のドラマ館は撮影できたのですが、こちらは駄目です。
こういうところも関係あるのかも?
このブログもそうですが、今は訪問者がブログのネタにしたいわけで、
撮影したものをネットで宣伝してくれるわけですから、
撮影禁止ってのは、今の時代ナンセンスなんじゃないかと思うのです。
展示はパネルの他、撮影で使った衣装。前半メインで着ていた文の服や、
伊之助の紋付。晋作の高級そうな衣装や、そうせい候の衣装。
間近で見れて良かったんですが、文章じゃなんとも伝わりませんね。
撮影禁止やめたらいいのに・・・・。


唯一撮影出来たのはここ。みよちゃんが立つと・・・・・。


前面に映像は映り、このようにそうせい候気分(?)が味わえます。
これはいいですね。衣装とカツラがあったらもっと良かったかも?

その他、三田尻御茶屋の立体模型もありました。

行ってみての感想ですが、他の「大河ドラマ館」と大差なく、
悪い出来でもなかったと思います。
まあ、他と違う点とかウリが無かったといえばそうですし、
会場自体が少し狭いような気もします。
ですが、従業員の皆さんも愛想が良くて良かったと思います。
来場者数が伸びないのは、内容が原因ではありませんね。

ぜひ、防府に行ったら(ついでに)足を運んであげてください。
ある意味、人が少ないのでゆっくり見れるかもしれませんよ。

■関連記事■
萩市 花燃ゆ大河ドラマ館と明倫館
 萩市のドラマ館は大盛況。
「花燃ゆ」のみどころ
 どうにか肯定的に考えようと・・
花燃ゆ 撮影開始
 どうにか盛り上げようと・・
「花燃ゆ」の話題・・・
 少し不安に・・
2015年大河ドラマは「花燃ゆ」
 初めは喜んだのですが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。