「花燃ゆ」のみどころ

来年の大河ドラマ「花燃ゆ」。色々と否定的な意見もございますが、
まあこのブログの趣旨の幕末が舞台なんで、肯定的に見所を考えてみましょう。

一番言われている「文(ふみ)」というマイナーが主人公である件について。

これはたしかに「え??」って感じでした。
八重の桜」の山本八重も確かにそれまではマイナーな人物でしたが、
男装して銃を持って戦ったりするある意味で主役に向いている人物でした。
その点、文はそういう主役となりえる場面はなさそう・・・。
でも肯定的に考えると、主人公が物語の中心になると、
主人公なだけにその人物を悪く描きにくいので、
変に主役の行動が美化されてしまうフシがありますよね。
そういう面からかんがえると、最初から最後までたぶん脇役になるであろう文が、
どんだけ美化されようと、変な違和感はないのかもしれません。
ここは、文には完全な語部役に徹してもらって、
今までの主人公が美化された時代劇とは違う「新しい大河」になることを期待しましょう。

前半のキーになるであろう吉田松陰や松下村塾、長州藩について。

一般の人(そんなに歴史に詳しくない人)でも、
一応は吉田松陰や松下村塾のことは聞いた事くらいはあるはず。
でも大体は吉田松陰はすごい良い教育者、松下村塾はすごい良い教育機関だった、
みたいなイメージありますが、実際はどんなんだったか知らない人がほとんど。
「花燃ゆ」はどこまでその実情にせまれるかが、
みどころのひとつになるのではないでしょうか?
また、松下村塾出身の綺羅星のような蒼々たるメンバー
どこまで掘り下げていけるのか?
高杉、久坂はもちろんですが、他の四天王、伊藤博文や山縣有朋、
品川弥二郎、山田顕義、前原一誠、野村靖、松本鼎、岡部富太郎、
飯田俊徳、天野清三郎、松浦松洞、増野徳民、有吉熊次郎、時山直八、
駒井政五郎、中村精男、玉木彦助、飯田正伯、杉山松助、久保清太郎、
生田良佐、宍戸璣、エトセトラ、えとせとら・・・・・・
「八重の桜」では、ほんとに適当に描かれすぎた長州藩ですが、
こんどはどれだけちゃんとしてくれるのでしょうか?
長州藩は支藩との関係も、他藩とも少し違います。
藩風も山内容堂ひょうたんをひっくり返して例えたように、
他の藩とはぜんぜん違います。
はてさて、どのように描いてくれるのでしょうか???

最後にキャストです。

主人公と主要人物は、まあ男前・美女をそろえるのは仕方ありませんが、
それ以外の配役がこれからは見ものです。
戦国モノと違って、幕末は実際の写真や肖像が残されています。
「八重の桜」は素晴らしい脇役の配役をされていましたが(微妙なのもありましたが)、
今回も同様の素晴らしい脇役の配役をお願いしたいところです。

下馬評からしても、視聴率は厳しいと思います。
でも、そんなことは気にせず、ちゃんとした良い作品を作って欲しいですね。

■関連記事■
「花燃ゆ」 キャスト情報
 主人公の相手役の発表 。
「花燃ゆ」 キャスト情報2
 メインキャストの発表。
「花燃ゆ」 キャスト情報3
 家族のキャストの決定。
「花燃ゆ」 キャスト情報4
 セクシー路線らしい・・・。
「花燃ゆ」のみどころ
 どうにか肯定的に考えようと・・
花燃ゆ 撮影開始
 どうにか盛り上げようと・・
「花燃ゆ」の話題・・・
 少し不安に・・
2015年大河ドラマは「花燃ゆ」
 初めは喜んだのですが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。