「狙うて候 銃豪村田経芳の生涯」東郷 隆

新幹線での出張に行くたびに、文庫本を読みます。
今回読んだのは、「狙うて候 銃豪村田経芳の生涯」。

物語は村田経芳の生い立ちより始まります。
薩摩郷士として生まれ、銃と出会い、
藩の政変に翻弄されながら生涯を通じて銃と共に歩みます。
お由良騒動や薩英戦争等の事件。戊辰戦争、そして西南戦争。
村田と共に歴史は動きます。

射撃の名手であり、銃砲隊の指揮官。
そして、常に研究を重ねる技術者。
一風変わった薩摩隼人の生涯を、少し厚めな文庫本ながら、
小難しく書かれませんので、スラスラと読めました。

面白い小説でした。
ぜひ、読んでみて下さい。
オススメ致します!

■関連記事■
鹿児島県鹿児島市 鶴丸城跡(再訪)
 薩摩藩の藩庁。
「その男」池波正太郎
 池波正太郎の幕末を舞台にした小説。
「兵馬の旗」かわぐちかいじ
 かわぐちがいじの戊辰戦争を舞台にした漫画。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。