「柿の実の落つ時」帖佐平四郎

泉十郎(野々村勘九郎)。
長府藩士で長府報国隊の総督だった人物。
今回読んだのは、その泉十郎が主人公の小説です。


柿の実の落つ時」。

長府藩は、長州藩の支藩として知られますが、
支藩というのは藩主家がその所領1万石以上を分家に分与して、
幕府の許可を得て立藩させた藩の事です。

それとは別に、仙台藩伊達家と宇和島藩伊達家などは、
別家とされており、支藩ではないとされています。

宇和島藩藩祖伊達秀宗は、仙台藩藩祖伊達正宗庶長子で、
正室との間に男子が居なかった為に嫡子となっていましたが、
その後、正室に男子(後の仙台藩2代忠宗)が生まれた為に廃嫡。
正宗は徳川家に嘆願し、秀宗に別家を立てさせて宇和島を与え、
国主格大名として徳川家に取り立てられました。
従って幕府は、仙台藩と宇和島藩は同等であるとみなさせます。

このように分家と別家は区別されるのですが、
長府藩にしても似て非なる特殊な事情がありました。

長府藩藩祖毛利秀元も、長州藩藩祖毛利輝元の養嫡子でしたが、
輝元に男子(後の長州藩2代秀就)が生まれると嫡子を辞退。
その後、独立大名として別家の創設を豊臣家より許され、
長門国一円他17万石の大名となっています。

関ヶ原の戦い後に毛利家は大厳封され、
長門・周防の2国を所領することになり、
秀元は改めて宗家より豊浦郡・厚狭郡に6万石を分知され、
支藩としての長府藩主となりました。
藩主家から分知されて立藩したので支藩といえるのですが、
長府毛利家はかつては独立した別家であって、
分家ではありませんでした。

このような特殊な状況ですから、
長州藩からすれば支藩とみなされますが、
長府藩には長府毛利は別家という誇りがあります。
萩毛利家と長府毛利家は同等」とも考えられる。

前置きが長くなりましたが、
主人公泉十郎(野々村勘九郎)もそのような考えの藩士。
また、攘夷戦などで萩毛利家臣の不甲斐なさに嫌悪します。

そんな中、高杉晋作に出会い、
バカにしていた長州藩士の中にも、
信用できる人間が居ることを知ります。

先に書いたように「萩と長府は同等」と考える藩士もいましたが、
やはり支藩という意識を持って「宗家に尽くす」と考える者も多く、
十郎の過激な行動も手伝って藩内にも敵が多くいました。

十郎は部下を使い、藩内の政的である林郡平を暗殺します。
また、長府藩領の馬関を宗家直轄地にしようとする動きがあると、
それを先導した伊藤俊輔井上聞多
そして分かり合えたはずの長州藩士高杉晋作の命を狙います。

時代は風雲急を迎え、
禁門の変、下関戦争、内訌戦が長州を揺さぶり、
幕軍が長州に攻めてくるという。
十郎も同士と共に報国隊を結成して総督に就任し、
幕軍との戦いに備える。

しかし、十郎の行動をよく思わぬ一派は十郎を捕らえ、
林郡平暗殺容疑と井上・伊藤の暗殺未遂容疑で、
詰め腹を切らそうとします。
十郎は自らの正当性を訴え抵抗しますが、
有無を言わさず殺されてしまう。
残念ながら幕府との決戦前に、
罷業の死を遂げる事になってしまいます。

桂小五郎も登場するのですが、彼が黒幕として描かれています。
支藩士の分際で本藩藩士を暗殺を計画した十郎を捨ておけぬと、
晋作の十郎への助命嘆願の声をはぐらかし、
冷徹に十郎抹殺を企てる。

十郎の首はまだ青い柿の実を、
無理やり枝から切り落とすかのように、
斬り落とされてしまいます。

この小説は単に泉十郎の生涯を描いたものではなく、
長州(萩)藩と長府藩の特殊な関係を描いたもの。
長府藩の特殊性を理解する上で、
とてもわかりやすい内容になっていました。

■関連記事■
下関市長府 旧野々村家表門
  野々村勘九郎(泉十郎)の屋敷門。
謎の剣豪福永正介
 泉十郎は中山忠光暗殺にも関与したという説があります。
下関市長府 豊功神社
 泉十郎が都督を務めた長府報国隊の顕彰碑があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。