下関市長府 旧野々村家表門


長府侍町にある「旧野々村家表門」。

一見して普通の武家屋敷の門なのですが、
この手の門なら長府の至る所にあります。
わざわざ保存する価値があるのかというと、
実はその出所が重要。

この表門があった野々村家は、130石馬廻格。
幕末の当主は野々村勘九郎(泉十郎)です。
少々謎の多い人物ですが、
長府藩きっての剣豪とされ(流派不明)、
同志らと長府報国隊を設立し、
五卿の長府滞在時の接待も努めています。
残念な事に藩内政争に巻き込まれ、
自刃を遂げた悲劇の志士でした。

でもこの門は、その野々村邸の門だから、
保存されのではありません。
実はこの門は長府陣屋の一部で、
長府陣屋の勝山御殿への移転の際に、
拝領して移設したものなのです。
それを現す左右の鬼瓦は「一文字三星」。
勝山御殿建設にあたって破棄された長府陣屋。
その貴重な一部というわけです。

この門をくぐると公園になっています。


ここは貝島炭鉱社長貝島太市の旧邸跡で、
この公園は「貝島公園」というらしい。


公園の北側の門は貝島旧邸の門
貝島家は筑豊御三家のひとつに称され、
※他の二つは麻生と安川。
筑豊炭田採掘で財を成した地方財閥。
貝島太市は日産の創始者鮎川義介の妹を妻とし、
井上馨を顧問に迎えて隆盛を誇っていました。
本社を直方から下関に移していますが、
貝島炭鉱は筑豊や佐賀など九州北部が本拠地。
なんで下関に本社を移したのでしょうかね

■関連記事■
「柿の実の落つ時」帖佐平四郎
 泉十郎(野々村勘九郎)を主人公とした小説。
謎の剣豪福永正介
 泉十郎は中山忠光暗殺にも関与したという説があります。
下関市長府 豊功神社
 泉十郎が都督を務めた長府報国隊の顕彰碑があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。