熊毛郡上関町 東山台場跡

瀬戸内海を航行する船の荷を検査する番所が、
平安時代頃より設置されて、
都に近い順に 下関中関上関 と名づけられました。

上関は極端に狭い海峡で、室津と上関の間わずか170m。
流れが速い為、潮待ち、風待ちをしなければならず、
北前船の寄港地として繁栄します。
この重要な港を、長州藩は直轄地としており、
長州藩の財政を潤す一端を担っていました。
そして江戸時代末期に入ると、
この重要港を防備する為に台場が築かれます。

地図の上部が室津で、下が長島(上関)。
現在は上関大橋が掛かっておりますが、
当時は舟で行き来するしかありませんでした。
※室津側には擬洋風建築の四階楼や、
吉田松陰の詩碑があります(記事はこちら)。

赤丸の位置が砲台跡。


室津側からの上関大橋。矢印の位置が東山台場跡


橋を渡ってすぐ。台場跡へ続く道がありました。
1台くらいなら車を止められるスペースがあります。


東山台場跡」。
登ると小さな広場のようになっており、
瀬戸内海の絶景が広がります。


嘉永6年に吉田松陰がこの台場を視察しています。
慶応2年6月6(7)日、
幕府軍艦「富士山丸(長崎丸とも?)」が、
室津の白浦を砲撃していますが、
その際にこの台場から迎撃したという記録は無い。
すでにここの大砲が撤去され、
他の戦場に配備されていたのかもしれませんね。

■関連記事■
熊毛郡上関町 四階楼と吉田松陰詩碑
 元第二奇兵隊書記小方謙九郎が建てた擬洋風建築。
光市 室積台場跡
 外国船打払の為に設置された台場跡。
大島戦争(大島口の戦い)①//
 富士山丸は室津に砲撃を加えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。