熊毛郡上関町 四階楼と吉田松陰詩碑

山口県熊毛郡にある上関は、僕の住む下関と同様に、
船の積荷をチェックする関所があった場所で、
京に近い順で「上関」「中関」「下関」と呼ばれました。
ちなみに中関は、三田尻にあります。

上関は、良い雰囲気の漁村といった感じで、
なんだか美味しい魚が食べれそうな場所ですが、
残念ながら宿泊は隣の柳井市。
※柳井市も良いところです。

さて、この上関に「四階楼」という面白い建物があります。


四階楼」。
明治12年に建てられた擬洋風建築
元第二奇兵隊参謀の小方謙九郎が建てたものです。
小方は奇兵隊に入隊して下関の攘夷戦に参加。
第二奇兵隊が創設されると参謀として大島戦争に参加。
維新後は室津で海運業や汽船宿を経営し、
室津の村会議員にもなっています。
擬洋風建築とは、西館などを模して造った日本建築
当初は住宅兼店舗、汽船宿として利用され、
その後は旅館となって、平成11年に保存されました。


擬洋風建築ということですので、中は和風です。
ステンドグラスや天井・壁の装飾で西洋風にしています。
この写真は4階ですが、どの階も同じ広さで、
上へ登っても狭くならない天守閣」といった感じ。


4階の天井に装飾された鳳凰。
木製の見事な鳳凰ですね。


各階も同じような和風ですが、
それぞれに西洋風の装飾がありました。
雲龍唐獅子牡丹などの鏝絵もあり独特の雰囲気。

四階楼を出て上関海峡へ。
室津半島長島を結ぶ上関大橋のたもとに、
吉田松陰の詩碑があります。

吉田松陰詩碑」。
嘉永6年、ロシアの軍艦に乗り込むため、
江戸から長崎に向かいますが、
その途中で上関に立ち寄っています。
その寄港時に詠んだ詩が刻まれていました。


詩碑の近くには詩の訳と意味がわかるように、
説明文が書かれていました。
親切ですね。こういうの大事ですよ。

  故郷に帰っている夢をみていた時、
  船頭が「上関についたぞ」と大声を出したので、
  目が覚めると、涙でぐっしょりぬれていた。
  夢が夢だったので船室から起き上がるのが
  遅かったといって怪しまないでほしい。
  それに今晩は室津に泊まって明日は九州。
  これで長州の地も見おさめになる。
  ふるさとの山に未練がないといえば嘘になるが、
  国を捨てたのだから故国の山を見るのは辛くて忍びない。

なんとも松陰らしいセンチメンタルな詩ですねぇ。

■関連記事■
熊毛郡上関町 東山台場跡
 上関に設置された台場跡。
広島県廿日市市 残念さん(残念社)
 江戸へ護送される途中の吉田松陰が、腰を掛けた石があります。
萩市 明木橋(吉田松陰詩碑)
 密航に失敗して萩に護送された松陰が詠んだ詩の碑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。