山城屋和助

誘惑に弱い人というのは結構いるもので、
現在でもギャンブル等にハマって、
どうしようも無くなるロクデナシはいるものです。
奇兵隊出身の商人山城屋和助は、そういう人物でした。


山城屋和助野村三千三)。

周防国本郷村の漢方医野村玄達の四男野村三千三は、
根っからの遊び人で、良い歳にもなっても女と酒ばかり。
何を思い立ったか25歳の頃、僧侶となり全国行脚に出ます。
行脚といっても行く先々の遊郭を巡るだけ。
三年ほど経って突然戻ってきて奇兵隊に入隊しました。
行脚の間に攘夷の志を持ったのか?
はたまた手持ちの金が底をついて給金目当てか?

奇兵隊士になっても、稲荷町裏町の遊郭に出没し、
酒と女の日々を送ります。
四国連合艦隊が下関を砲撃し砲台が占拠された際も、
三千三は遊郭で酔いつぶれていらしい。 

普通ならば切腹モノのところですが、
何が功を奏すかわかりません。
遊び人というところを何故か評価されて、
間者として江戸行きを命じられます。
三千三は遊郭で情報を探るという、
天職のような仕事を得ました。

以降、どのような情報を長州にもたらしたのか不明ですが、
長州内訌戦幕長戦争鳥羽伏見を経て、
奇兵隊が官軍として江戸に入るまで、
江戸で活動していたようです。

江戸で奇兵隊に復帰し、北越戦争に従軍。
奇兵隊五番小隊長として活躍します。
小隊長に任命されているということは、
ある程度間者として長州藩に貢献したのでしょうね。

さて、戦争が終わると、三千三は志があるでもなし。
軍に残らず商人となりました。
山城屋和助と改め、数年で豪邸を持つほどの豪商となる。
この成功は、木戸孝允より借用した五百円で、
銀相場を張って一万円の利益を出したのが始まりとも、
山縣有朋より陸軍省の公金五十万円を流用してもらい、
その金で横浜の外国人と交易、
膨大な利益をあげたともいわれています。
いずれにせよ奇兵隊で得た人脈を利用した事に、
間違い無いでしょう。

しかし、そんな状況も長くは続きません。
陸軍省の公金を借用して生糸相場に手を出しますが、
欧州での生糸相場の暴落で膨大な損失を被ります。
この状況を打開するために、
山城屋は直接欧州に渡っての商売を決意。
明治4年12月、山城屋和助は欧州に渡ります。
この時、山縣より更に公金を借用したとされる。

明治5年春、鮫島尚信駐仏公使より、
金遣いの荒い日本人の身元照会が行われます。
本国の外務省副島種臣外務卿がこれを聞き、
山城屋和助の名前が浮上。
パリの高級ホテルに滞在して観劇競馬に興じ、
女優との交際富豪令嬢との婚約話など、
商売そっちのけで豪遊しているという噂が、
現地で広まっており、調査の結果、
総額約65万円にのぼる公金の無担保貸し付けが発覚。
この事件に山縣が深く関わっている事に、
他藩出身の官僚が陸軍長州閥を糾弾します。
山城屋と親密であった山縣は追い詰められ、
山城屋をパリから呼び戻します。

帰国した山城屋はすでに破産寸前の状態。
返済能力の無い事が明らかになります。
山城屋は旧知の元長州藩士ら人脈を頼り、
金策に奔走しますが、皆山城屋を見捨て面会を断ります。
山縣にしても糾弾され追い詰められており、
山城屋に返済を催促。窮地に立たされた山城屋は、
関係書類をすべて燃やして、
陸軍省内の部屋で割腹自殺してしまいます。
これにより真相は闇の中となりました。


パリで何故、商売もせずに豪遊していたのか??
これ、最近でもよく事件になりますよね。
横領して有り金無くなるまで豪遊してたって話。
元来酒と女が大好きな人間が、商売が上手くいかなくなり、
もうどうでもよくなって、その場の快楽に溺れるっての。
今も昔も変わりませんねぇ~。

■関連記事■
奇兵隊士 竹中安太郎
 町人ながら少将にまで上り詰めたヤス公。
奇兵隊女隊士 高橋菊
 男装の麗人・・ではないようです。
数少ない奇兵隊出身の成功者 藤田伝三郎
 藤田財閥を原点とする大企業は沢山あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。