奇兵隊女隊士 高橋菊

女性隊士といえば新徴組中沢琴が有名ですが、
奇兵隊にも女性隊士がいました。

高橋菊という女性で、研ぎ職人の父を持ち、
縫針を売って生計を立てていましたが、
父と死別した後は、実入りの良い力仕事に従事して、
台場の工事などにも参加します。
大柄で性格も男まさりであった菊は、
土木作業のおかげもあって怪力を持つようになり、
大砲を一人で動かすなど人々を驚かせました。

攘夷戦では台場の人夫として働き、
弾薬を運び、負傷した兵を慰めるなど活躍し、
次第に男装もするようになり、
苗字も大塚柳斎という医者に付けてもらい、
高杉晋作の「」と竹崎一の豪商橋本屋の「」から、
高橋菊を名乗りました。

労咳で療養中の晋作の許に毎日のようにやってきて、
奇兵隊に入隊させてくれるように嘆願。
晋作も根負けして朱鞘の大小を与えて入隊め、
新地奉行所より扶持米を給されるようになったという。
その後、会津戦争にも参加したとの話もありますが、
以後の消息は不明。

大小を持つようになってからは、
髪をおろしてを結い、
をはいて男の奇兵隊士同様の恰好で、
威張り散らして歩いていたようで、
押し借りをしたり、人にたかったりしたので、
最終的には訴えを起こされて追放されたという。

こういう不良隊士は、古今どこにでも居ましたが、
男性化してただの不良隊士になってしまったのでしょう。
菊は30代だったとも50代だったとも云われますが、
当時の50代なら相当お婆さんだったと思うので、
伝えられる膂力の様子からも、
30代くらいだったのではないでしょうか?

どうも男装の麗人イメージではなかったようですね。

■関連記事■
中沢琴と庄内戦争
 幕末の女性戦士といえばこの人。
無敵幸之進
 この強そうな苗字は晋作が命名したもの。
伊藤博文 ~高杉晋作との関係
 初代内閣総理大臣と晋作の関係。
井上馨 ~高杉晋作との関係
 維新の元勲井上馨と晋作の関係。
田中光顕 ~高杉晋作との関係
 最後の志士田中光顕と晋作の関係。
乃木希典 ~高杉晋作との関係
 日露戦争の英雄乃木希典と晋作の関係。
高杉晋作に従う謎の僧
 晋作に従っていた謎の僧侶。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。