田中光顕 ~高杉晋作との関係

田中光顕について・・・

田中光顕天皇親政派の宮廷政治家で、
幕末の頃は過激な尊皇攘夷活動に邁進した志士でした。

彼は晋作の唯一の弟子としても知られていますが、
晋作とどういう関係だったのでしょう?

田中光顕は幕末の当時「田中顕助」と呼ばれ、
武市半平太土佐勤王党に参加していましたが、
土佐勤王党が弾圧されると顕助は謹慎処分となり、
脱藩して尊皇攘夷の雄藩である長州藩を頼ります。

長州藩は土佐勤王党の残党を受け入れこれを支援。
顕助も中岡慎太郎ら土佐脱藩浪士と共に匿われました。

晋作とはそこで出会います。
ある時、晋作・顕助・中岡の3名で談義も場が持たれ、
その席で晋作が顕助の刀を欲しいと言い出し、
弟子にしてくれるなら」という条件で譲ったという。
この刀は、顕助が十津川郷に滞在していたときに、
薩摩浪人から譲られた安芸国佐伯荘藤原貞安との事。

とはいえ弟子になったという事は、
師事するということなんですが、
晋作が顕助に何かを教えたような形跡はありません。
どちらかというと「親分と呼ばせてくれ!」的な、
舎弟感覚だったのではないでしょうか?
長州藩は上下関係が曖昧な藩で、松下村塾の松蔭も、
門下生に対して「君と僕」的なフレンドリーな塾でしたので、
刀をくれるなら勝手にどうぞ」といった感じだったのでしょうが、
師匠!」と呼ばれるなんて、どっかがムズ痒くなったでしょうね。

同じ土佐藩の兄貴分中岡がいる前で「弟子にしてくれ」とは、
相当晋作に惹かれたのでしょう。
残念ながらそのすぐ後、長州藩は俗論派に政権を奪われ、
尊攘派の弾圧が始まります。

匿われていた脱藩浪士達は長州藩を追われ、
顕助も大坂に脱出して潜伏します。
大坂では大坂城の焼き討ちを計画するなど、
なにも教えられていない(?)のに、
晋作ばりの計画を実行しようとします(失敗しますが・・)。
その後、中岡らと共に薩長同盟の締結に奔走し、
第二次長州征伐前に晋作と再会。

晋作は顕助を丙寅丸機関掛に任命しますが、
顕助は蒸気船の機関師などやった事もないし、
航海術の知識もまったくない。
任命する方もそれを承知する方もムチャクチャです。
この丙寅丸に晋作も乗り込み、
幕府の軍艦4隻を打ち負かすのですから、
人間やればできるものですね。


丙寅丸

さて、晋作は肺結核のために死去するのですが、
顕助が臨終に立ち会った記録もありますが、
京都にいた記録もあります。
※京都にいたというほうが信憑性は高い。

維新後は、征討軍会計部長、陸軍省会計局長、元老院議官、
初代内閣書記官長、警視総監、学習院院長などの要職を歴任。
明治31年には、宮内大臣になっています。

政界から引退した後、
明治20年に晋作の漢詩集「東行遺稿」を出版します。
その他、「維新風雲回顧録」「維新夜話」「憂国遺言」でも、
晋作についてのエピソードを語っています。

高杉晋作に心酔しており、
平生は無論、死地に入り難局に処しても
 困ったという一言は断じて言うものではない
という高杉の一言が耳そこに残っていたという。
95歳まで生きた長生きの秘訣は、
困った」を言わないことだと信じていたらしい。

この田中光顕という人物、意外と謎の多い人物のようで、
晋作率いる御楯組英国公使館焼討事件を起こした際、
彼も参加したと語っている。
資料には田中顕助の名前は見当たらないが、
状況的にありえない話ではない。
もしそうなら、晋作と会ったのはもっと前という事になります。

最後に光顕が「明治天皇すり替え」を語ったとされる件ですが、
その出処は「徹底的に日本歴史の誤謬を糺す三浦芳聖著)」。
この三浦芳聖(1904-1971)という人物は、
自らも南朝正統の皇胤であると主張した「自称天皇」の一人。
「徹底的に日本歴史の誤謬を糺す」は、
そういうキ○ガイの書いた「トンデモ本」ですので、
信憑性は薄いでしょう。

■関連記事■
伊藤博文 ~高杉晋作との関係
 初代内閣総理大臣と晋作の関係。
井上馨 ~高杉晋作との関係
 維新の元勲井上馨と晋作の関係。
乃木希典 ~高杉晋作との関係
 日露戦争の英雄乃木希典と晋作の関係。
高杉晋作に従う謎の僧
 晋作に従っていた謎の僧侶。
高杉晋作に従う謎の少年
 晋作の従者として寄り添っていた少年。
奇兵隊女隊士 高橋菊
女性戦士は美しいものとはかぎりません。
無敵幸之進
この強そうな苗字は晋作が命名したもの。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。