井上馨 ~高杉晋作との関係

井上馨について・・・

井上馨(幕末時は志道聞多、井上聞多)は、
伊藤博文と並ぶ長州藩閥の重鎮にして汚職大魔王です。
汚職にまみれているといえ、財務の才能はピカ1で、
新政府のつたない財政を切り盛りして、
日本を西洋列強の一員にのし上げた功績は大きいでしょう。

この井上馨(以下聞多)、高杉晋作とはどんな関係だったのしょう?

聞多は、大組100石の井上家の次男として生まれます。
晋作と同じ大組ですが知行は100石で、
屋敷も城下の萩ではなく、湯田にありましたので、
高杉家より家格は下がるでしょうね。
※高杉家は200石。

しかし、次男なので養子に出されて志道家に入ります。
この志道家、生家井上家より格上の「寄組280石」。
長男は生家を継ぎますが、下の子は養子に行けば、
結構長男より出世する例ってよくありますよね。
後に井上家に戻ることになりますが・・・。

明倫館に学び、蘭学に興味を持ち江戸の蘭学者岩屋玄蔵や、
江川太郎左衛門にも学んでいます。
この辺が国粋主義の攘夷派と違うところでしょう。
藩主に「なんでも聞いてくるから」と聞多の名前も拝領。
江戸で晋作や久坂玄瑞らと尊皇攘夷運動を展開しますが、
晋作との接点はこのあたりからですね。
長州人の議論好き」は有名ですが、
議論より行動の二人は、気が合ったのかも知れません。

晋作は一足先に外国(上海)に行きますが、
聞多と伊藤俊輔(博文)は長州ファイブとして英国へ。
この英国渡航で聞多は開国論に転じます。
上海から帰って攘夷に走った晋作とは違いますね。


長州ファイブ

第一次長州征伐では武備恭順を主張。
講和を模索する俗論党に襲われ瀕死の重傷を負いますが、
功山寺で挙兵した晋作に呼応してクーデターに勝利。

聞多は、第二次長州征伐に備えて、
薩長同盟の周旋や武器を手配します。
芸州口で諸隊を指揮し、
休戦に当って幕府の使者勝海舟と談判しました。

維新後は、造幣頭、大蔵大輔、外務卿、農商務大臣、
大蔵大臣などを歴任。
鹿鳴館に象徴される極端な欧化主義や、
三井の番頭」と西郷に汚職を非難されていますが、
財政通の元老として明治政府の重鎮となりました。

明治44年5月20日。
吉田での「高杉東行顕彰碑」の除幕式でのこと。
碑文は伊藤博文によるものですが、
伊藤は先年にハルピンで暗殺者の凶弾で死去。
また、晋作の菩提を弔っていた谷梅処も亡くなっています。
残された聞多は往時を思い出し、
涙を流しながら友人代表として演説を行う。
その演説は延々2時間に及び、
参列者は次々と日射病で倒れたという。

井上馨の一番輝いていた時代は、
晋作と共に行動していた時代でしょう。
晋作と走り抜けた青春時代。2時間にも及ぶ大演説は、
死線を共にした井上ならではのものでしょう。


高杉東行顕彰碑除幕式

晋作がうのに「自分が死んだ後、お前は頭を剃ろして、
墓守をしてくれ。さすれば、友達もお前を見捨てはすまい

という様な事を言っていたとか。
井上も東行庵になにかと支援していたようで、
梅処尼(おうの)が亡くなった後も、
2代目庵主谷梅仙の就任に関わっています。

■関連記事■
高杉晋作顕彰碑物語①(晋作を顕彰する)
 井上は晋作の除幕式で2時間に及ぶ大演説を行っています。
山口市 洞春寺(井上馨墓所)
 洞春寺にある井上の遺髪墓。
山口市 世外井上馨候遭難之地
 井上が俗論党に襲撃された場所。
伊藤博文 ~高杉晋作との関係
 初代内閣総理大臣と晋作の関係。
田中光顕 ~高杉晋作との関係
 最後の志士田中光顕と晋作の関係。
乃木希典 ~高杉晋作との関係
 日露戦争の英雄乃木希典と晋作の関係。
高杉晋作に従う謎の僧
 晋作に従っていた謎の僧侶。
高杉晋作に従う謎の少年
 晋作の従者として寄り添っていた少年。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。