中沢琴と庄内戦争

僕のHP「ぬしと朝寝がしてみたい」の一番見られているページは、
幕末・維新を生きた女性人物録」なんですよね。
一応、高杉晋作がメインなんですけど・・・。

皆さん幕末の女性に興味があるということですかね。
確かに歴史においてお姫様や貴族以外の女性が、
歴史に登場したはじまりですからね。

確かに魅力的な女性たちが存在しました。
去年の大河ドラマの主役新島八重とか、幾松お竜
中野竹子楠本イネなど、
時代に翻弄されながらも強く生きた女性たちがたくさんいますね。
天璋院篤姫和宮ら、お姫様も頑張ってます。

そんな感じで、需要に答えるためにページを充実させようと、
幕末の女性を探してたら、新選組に女隊士がいたとか??

ホントかな?と調べると、新選組にはやっぱり女隊士はいませんでしたが、
新選組の前身である壬生浪士組のそのまた前身の浪士組に、
どうも中沢琴という女性がいたようです。

薙刀鎖鎌の達人で、身長170cm。男装していたようです。
170cmといえば、当時でいえばかなり大きな女性ですね。
浪士たちは下から見られてたのではないでしょうか?

この人は、清河八郎と共に江戸に帰ってますので、
壬生浪士組には参加していません。
けれど江戸で新徴組に参加し、江戸が新政府によって占領されたあとは、
新徴組を預かっていた庄内藩へ赴き、庄内戦争も戦っています。
戦後は郷土に帰ったそうですが、縁談には自分を負かしたら嫁に行くと言って
求婚相手と試合をしていたそうですが、結局負かされずに生涯独身でした。
残念ながらこの人はあまり資料がないのですが、結構興味を引く女性ですよね。
さて、この琴が参加した庄内戦争ですが、
戊辰戦争では蝦夷を除いた東北諸藩の中で、最後まで抵抗し、
降伏まで自領に新政府軍を寄せ付けなかったんですよ。
最新鋭の装備と用兵でめちゃめちゃ強かったらしいですね。

会津ばかりがクローズアップされてますが、
庄内藩と庄内戦争ももうちょっと知られても良いかと思います。

■関連記事■
BS「花嵐の剣士~幕末を生きた女剣士・中澤琴~」
 中沢琴を主人公とした時代劇ドラマ。
奇兵隊女隊士 高橋菊
 奇兵隊にも女隊士がいました。
鹿鳴館の華
 明治の華やかな女性たち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。