BS「花嵐の剣士~幕末を生きた女剣士・中澤琴~」


花嵐の剣士~幕末を生きた女剣士・中澤琴~」を視た。
まあ・・あまり期待していなかったのですが、
昨今数少ない幕末モノですし、
史上最悪の大河ドラマ「花燃ゆ」の脚本家が、
その失敗をどう糧にしたのか知りたくもあります。

最近このブログのある記事が、検索数がやたら増えてるんです。
それは「中沢琴と庄内戦争」という記事。
このドラマの影響なんでしょうね。

さて物語ですが、浪士組が京へやって来たところから始まります。
不逞浪士の御借り中に、颯爽と登場する中沢琴
棒を振り回して、不逞浪士を痛めつけます。
ドラマとして王道の展開ですが、そこへ現れたのは坂本龍馬
トレードマーク(?)の拳銃を持っていますが、
高杉晋作より贈られるS&Wをこの時期はまだ持っていません。
まあ、それは野暮というものでしょう。
そんなことより「幕末モノには龍馬をからませとけ」的な風潮が嫌。
中沢琴と全く関係無いんだし・・。
・・が。後の複線で必要でしたので、大目に見ましょう。

浪士組は江戸に帰り、庄内藩預かりとなって新徴組と名を改め、
琴も隊士として任務に着きます。
そんな中、許嫁の源五郎(吉沢悠)が現れて、
琴を連れ帰ろうとしますが、
コテンパンにやっつけられてしまいます。
それでもめげずに、源五郎は隊士となって琴をサポート。

不逞浪士の親玉相馬要蔵(袴田吉彦)が、なにやら悪巧みを行い、
それを察知した琴は、相馬と一度目の対決。
黒木メイサ殺陣はなかなかのもので、
実際の琴の流儀である法神流の独特な動きも様になっていました。
ですが、それをぶち壊すようなワイヤーアクション・・・・。
あれ、要らんでしょ?一気にB級の香りがしました。
ちなみに相馬要蔵のモデルって相楽総三でしょうね。

隊士達の話の中で、なぜか坂本龍馬の話題になり、
許嫁が千葉道場の娘佐那だと知り、琴は佐那に会いに行きます。
同じ女剣士である千葉さな子と絡ませるフィクションはアリ。
ちゃんと試合ってますし、こういうのは悪くない。
この複線があったので、龍馬を出したことはまあ許しましょう。

不逞浪士達の行動を探るために芸者に扮する琴。
これはサービスですね。そこで初めて琴は人を斬る。
その後、親玉の相馬要蔵の隠れ家に行くのですが、
この流れだと人を斬ったことで調子に乗って、
勢いで相馬を斬ろうと考えている風に見えますが・・・。

で、二度目の対戦。
折角の殺陣をぶちこわすワイヤーアクションは、
ここでも大いに使われてます。
琴の隙を突いて相馬が攻撃しようとするところを、
兄の中沢貞祇(筒井道隆)が現れ、勝負はお預け。
貞祇は大政奉還されたことを伝えます。
この対戦前に「西郷からやりすぎだ」と伝達されたという描写が。
これは来年の大河の主役西郷隆盛のイメージを悪くしないため?
NHKが指示したのなら、それはやらしい話しだなあ・・・。

新徴組の屯所に佐那が現れ、龍馬が死んだ事を知らされ、
動揺する琴。ちょっとクドイですね。
龍馬関係は佐那との試合で終わらせれば良かったものを・・。

不逞浪士達の狼藉は激しくなり、
彼等は薩摩藩邸に逃げ込んだ事がわかり、
薩摩藩邸に討ち入る事が決定する。
琴はこれを良く思わず、討ち入りに反対するが、
兄の貞祇に命令に従わぬなら除隊すると告げられる。

琴が反対する理由がイマイチわかりません。
とりあえず町をうろついていると、
相変わらず不逞浪士達が狼藉しています。
巻き込まれた親しい芸者の姉さんが、
手首を切られて三味線が弾けなくなる。
琴は源五郎に励まされて新徴組に復帰します。

で、薩摩藩邸へ討ち入るのですが、
激しい戦いの中、琴をかばって源五郎は戦死。
この源五郎は、琴が生涯独身だったという予備知識から、
どこかで死んじゃうんだろうなと思っていました。
なかなか良い奴だったので残念。
先に「琴は涙を流したことはない」という複線がありましたが、
源五郎の死で琴は涙を流します。
「花燃ゆ」であれだけ複線をほったらかしにしていましたが、
今回はちゃんと回収できましたね。

で、親玉相馬要蔵と最後の対決。
やはりワイヤーアクションが炸裂します。
相馬を倒してほっとしたところを、
相馬の部下の女にかかとを斬られて気を失う。
なんでそれで気を失うのかわかりませんが、
薩摩藩邸焼討事件でかかとを斬られたという話は事実。
こういうちょっとした事実の挿入の仕方が、
「花燃ゆ」を思い出しますね。
町の人が新徴組を「おまわりさん」と呼んでいたのもそう。

で、庄内戦争になるわけですが、
死にかけた貞祇を、沖田林太郎(宅間孝行)が介抱し、
貞祇が沖田を送り出し、絶命しかけたのを琴が勇気づけるシーンのみ。
その様子からボロ負け感たっぷりです。
実際の庄内藩は、新政府軍を圧倒し領内に侵攻させなかったのですが、
そういう様子は感じられませんね。
ここをスルーしちゃうのはもったいない。
なんなら二部作にして、庄内戦争~晩年を描いて欲しかった。
庄内戦争で十数人に囲まれながら、
2~3人を斬って突破したという話もあるし。
あまり語られない庄内戦争を知ってもらうチャンスだったのにね。

その後、メイサ本人が法神流の道場や琴の墓を訪ねるというシーンで、
締めくくられます。

黒木メイサの男装は様になっています。
良いキャスティングでしたね。
殺陣も相当練習したようで良かったです(ワイヤーアクションで台無)。
メイサの演技もよかったです。
残念なところは、薩摩藩邸焼討事件をクライマックスとしたところ。
これでは中沢琴という人物が伝わってこない。
晩年のエピソードもちゃんと伝えないと、
ただ女の剣士がいましたってだけになっちゃいます。

ドラマとしては、正統派の時代劇っぽく及第点といったところ?
「花燃ゆ」のデタラメ度合からみても、
今回はまだちゃんとしてました。
まあ、脚本を多人数で書く事が、
はじめから不可能な事だったんでしょう。

でもやっぱり宮村優子は、幕末モノの脚本はやめた方がいいです。
時代劇をするなら天保以前のものするべきですね。

■関連記事■
中沢琴と庄内戦争
 新徴組女隊士中沢琴と庄内戦争。
奇兵隊女隊士 高橋菊
 奇兵隊にも女隊士がいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。