山口県山口市 野田神社と豊栄神社

幕末長州藩が明治維新に貢献出来た最大の理由は、
藩主が毛利敬親であったからだと思う。

同時期に活躍した雄藩には、賢候とされる藩主がいますが、
敬親は賢候と称されることはありません。
幕末の四賢侯と呼ばれる福井藩の松平春嶽、土佐藩の山内容堂
薩摩藩の島津斉彬、宇和島藩の伊達宗城を筆頭に、
肥前藩の鍋島閑叟や水戸藩の徳川斉昭などが活躍し、
譜代においても彦根藩の井伊直弼や、福山藩の阿部正弘などが、
大老、老中として活躍して評価されています。
彼等は奉られる殿様でありながら、自ら藩政や幕政に関わり、
なるほど賢候と称されるに値する人物達ではあります。

・・が、毛利敬親は「そうせい候」などと呼ばれ、
臣下の献策をどんどん許して藩を暴走させたなどと云われ、
あまり評価は高く無いような気がします。
ですが実際の敬親は、優秀な人材を身分に問わず抜擢し、
良い献策は率先して採用するなど、
上記の殿様連中とは違った方法で、政治に向き合った藩主でした。

現在の企業においても、ワンマン経営でガンガンやっていく、
ヤリ手社長に脚光が当たることが多いのですが、
地に足の着いた企業というものは、
やはり優秀な人材をうまく使う事できる会社で、
ヤリ手社長の会社のは長く持たないのが常です。
そういう意味では、敬親はすごく優秀な殿様でした。
長州藩に人材が多かった訳ではなく、
埋もれていた人材が世に出る機会が、
この藩には多かったのです。

長州藩の藩主が敬親ではなかったならば、
村田清風天保の改革もなく、
幕末での行動資金も得られなかったでしょうし、
吉田松陰はどこかの段階で切腹させられたでしょうし、
久坂玄瑞ら身分の低い連中が、
尊皇攘夷運動をリードすることもなかったでしょうし、
諸隊という新しい軍隊は生まれなかったでしょうし、
幕府の威圧に完全にも屈していた事でしょう。
もっと敬親は評価されるべき藩主なのです。

・・で、その毛利敬親を祀っているのが、
山口市にある野田神社
毛利元就を祀る豊栄神社と対をなしています。

大鳥居」。
野田神社と豊栄神社の共通の鳥居。
鳥居をくぐって手前が野田神社で、
奥が豊栄神社となっています。


野田神社鳥居」。
明治6年に、豊榮神社の境内に敬親を祀る社を建立。
敬親の諡号を社号として「忠正神社」と名付けられ、
※毛利敬親の諡号は忠正。
翌年、地名の野田から「野田神社」に改称。
大正4年に、別格官幣社となりました。


野田神社拝殿(手前)と御本殿(奥)」。
一文字三ツ星」が神々しいですね。
さすがに大毛利の殿様を祀る神社だけあって相当な規模。
御祭神は毛利敬親公だけでしたが、
次代の毛利元徳公も死後に合祀されています。

さて、この野田神社に対をなすように、
全く同じ拝殿と御本殿を持つ豊榮神社。
もともとは豊榮神社の方が先に建立されていました。

豊榮神社鳥居」。
萩城内で祀られた始祖毛利元就を祀る仰徳社を、
現在地に遷座したもの。
元就は正親町天皇の即位を援助した功績があり、
そのことから明治天皇が元就に「豊栄」の神号を与え、
遷座の際に「豊榮神社」と改称されました。


豊榮神社拝殿(手前)と御本殿(奥)」。
野田神社と全く同じ造りなのが面白い。
違うところは、拝殿にさがる紫幕が菊花紋というところ。
元就は正親町天皇より菊花紋を下賜されています。

左右対称のシンメトリーな二つの神社は、大変珍しい。
始祖とか藩祖とかって、どの藩でも別格扱いですが、
ここでは同等(もちろん豊榮神社の方が少し上)の扱いで、
幕末の藩主毛利敬親を祀っております。
これは敬親が慕われた藩主であったからではないでしょうか?

■関連記事■
毛利敬親
 偉大なるそうせい候。
毛利敬親展のCM
 面白いCMだったので。
山口県山口市 亀山公園(再訪)
 亀山公園には毛利敬親の銅像が建てられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。