山口県山口市 亀山公園【再訪】

山口市の亀山公園には、
長州藩主毛利敬親の銅像があります。


毛利敬親公之像」。
以前も訪れたことがあるのですが(記事はこちら)、
綺麗に整備されたらしいので再訪してみました。
亀山公園は、亀山の山頂を平地にして広場にした公園で、
その広場の中央に毛利敬親の銅像が置かれています。

実はこの公園には、かつて敬親の銅像だけでなく、
長州藩の四支藩藩主の銅像が建てられていたようで、
広場を長州藩領に見立てて、
それぞれの領地に該当する場所に、
四支藩の藩主の像が建っていたらしい。


かつての亀山公園。
現在ある敬親像の他、最後の長州藩主毛利元徳
長府藩主毛利元周、徳山藩主毛利元蕃、清末藩主毛利元純
岩国藩主吉川経幹の6体の銅像が立ち並ぶ光景を想像すると、
相当かっこいい公園だったと思いますよ。


亀山公園山頂広場の歴史」説明板。
これらは、残念ながら先の大戦の金属供出で失われ、
「毛利敬親之像」のみが再建されました。
ほんとに残念な事ですよね。

追記:
「毛利敬親之像」の台座部分には、益田親施福原元僴国司親相
そして清水親知と、4人の家老のレリーフが張られていたという。
確かに上の説明板の写真には、レリーフらしきものが写っています。
これも非常に残念。

■関連記事■
毛利敬親
 偉大なるそうせい候。
萩市 指月城跡
 長州藩毛利家の居城跡。
萩市 明倫学舎
 藩校明倫館に続く旧明倫小学校跡は明倫学舎として保存されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。