福岡県北九州市黒崎 五卿上陸地

第一次長州征伐の降伏条件のひとつ「五卿の領外移転」は、
月形洗蔵筑前勤王党の周旋によって大宰府移転が決まり、
実行に移されました。

高杉晋作のクーデターにより、内訌状態の元治2年1月14日。
五卿は馬関を出航し、途中彦島の福浦湾で夜泊。
翌日に黒崎湊に上陸し、そこから陸路で大宰府を目指しました。

晋作は五卿の長州慰留を望んでいましたが、
五卿からすればクーデターなど成功するとは考えず、
自らの意志で大宰府行を決定したようです。
それを知った晋作は、大きく嘆いて下記の歌を詠みました。

「死を以って 遠登女申すを 
  遠登まりなされ 長門國にも武士もある」
訳:死をもって留まってくれと言ってるのだから、
  留まってくれよ。長州藩にも武士がいるのだから・・・

五卿からすれば、そんな無謀に付き合ってたら、
こっちの身が危ないって思ったのでしょうね。
無理もありません。


北九州市八幡西区黒崎駅北側周辺(五卿上陸地の場所)。

五卿上陸地の碑は舟町と呼ばれる場所にあります。
文字通り舟町があったのでしょう。
黒崎湊は、上方行き乗合船の発着場でした。

史跡 五卿上陸地」。
訪問時は大雨。雨に濡れながらの一枚です。
この碑は100m西側にあったとの事ですが、
埋め立てや工場の建設の関係で現在の位置に移されたのでしょう。
北九州の湾岸はどこも工業化が進んでおり、
ほとんど当時の面影が残るところはありません。

■関連記事■
福岡県宗像市 五卿西遷之遺跡
 五卿は赤間宿に25日間滞在しています。
福岡県太宰府市 太宰府天満宮
 五卿は約3年間、大宰府で過ごしました。
福岡県筑紫野市 五卿の歌碑
 大宰府の方が過ごしやすかった?それはそうでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。