福岡県宗像市 五卿西遷之遺跡

長州より海を越えて九州に入った三条実美五卿は、
赤間宿の御茶屋(本陣)に25日間滞在しています。

赤間宿では福岡藩家老加藤司書が出迎えたのですが、
加藤は帯刀し、御茶屋には竹矢来が組まれていました。
※囚人が逃げないようにする柵。
貴人にとって礼節を欠いた行為に五卿らは憤慨し、
薩摩藩に不満の手紙を出します。
これを読んだ西郷吉之助は、早馬で赤馬宿に駆けつけ、
五卿に詳細を伺ったうえ福岡まで走り、
福岡藩に待遇の改善を訴えたとされています。


五卿西遷之遺跡」碑。
街道沿いにある法然寺の横に、
五卿西遷之遺跡」碑が建てられているます。
宿場で一番格式ある御茶屋を用意しながら矢来が組まれ、
帯刀ながら家老が出迎えるといった不思議な対応。
福岡藩がどのような意図で、
貴人への無礼を働いたのかはわかりませんが、
実際に福岡藩としてはどのように扱ってよいものか、
わからなかったのではないでしょうか?

このゴタゴタで25日も赤間宿に滞在する事となった一行。
五卿には従者も随伴しており、主従あわせて50余名ほど、
それに長州藩の護衛60名と諸藩の護衛30名がいたという。
その約140名ほどの大所帯が赤間宿に滞在していたわけです。
これに五卿の噂を聞きつけた尊攘志士らが、
五卿に面会を求めに来るのですから、
赤間宿は大騒動だった事でしょうね。

■関連記事■
福岡県北九州市黒崎 五卿上陸地
 長州から船に乗った五卿が上陸した場所。
福岡県太宰府市 太宰府天満宮
 菅原道真を祀る神社。五卿が約3年間滞在しました。
福岡県筑紫野市 五卿の歌碑
 大宰府滞在中の五卿。意外と楽しそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。