周南市 児玉源太郎誕生地

日露戦争の英雄児玉源太郎徳山藩出身。
誕生地は公園として整備されています。


児玉源太郎生誕の地」。
徳山藩の中流武士(馬廻)児玉家の屋敷があった場所。
ここで児玉源太郎は生まれました。


児玉家屋敷跡」の碑。
源太郎は児玉家の長男として生まれましたが、
児玉半九郎は源太郎が5歳の時に死去し、
家督は姉の婿養子児玉次郎彦が継ぎました。

この児玉次郎彦は徳山七士の一人で、
徳山藩尊攘派として、京都等で周旋活動を行い、
藩校でも尊攘を説くなど、徳山藩尊攘派の重鎮でしたが、
藩内保守派によって暗殺されてしまいます。
児玉源太郎誕生地は、児玉次郎彦の旧宅跡でもありますね。


兒玉大将産湯之井戸」。
児玉源太郎の産湯を汲んだとされる井戸。
児玉屋敷の井戸なんですから、
当然産湯はこの井戸から汲むでしょう。
こういう産湯の井戸は、生誕地に結構ありますよね。


児玉文庫開設百年記念」碑。
児玉源太郎は後進の育成の為に、
旧宅に私立図書館を開設しています。
英照皇太后(孝明天皇の皇后)崩御の際、
葬儀を取り仕切った功績によって皇室より金一封を賜り、
それに若干の自費を加えて費用に充てたらしい。
児玉文庫は、残念ながら空襲で焼失してしまいましたが、
開設100年を記念して、この碑が建てられたそうです。

児玉源太郎の初陣は箱館戦争で、
徳山藩所属の献効隊半隊司令として従軍しています。

■関連記事■
毛利元就家臣の幕末
 児玉源太郎は五奉行のひとり児玉就忠の庶流。
下関市長府 乃木神社
 児玉の盟友乃木希典を祀る神社。
「殉死」司馬遼太郎
 乃木を愚将に描くと、それだけ児玉が名将に見えてくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。