毛利元就家臣の幕末

ちょっと前に思いつきで書いた
七本槍の幕末について調べてみる」(記事はこちら)。
考えたら長州藩重臣の先祖の多くも、
戦国時代に活躍してるわけで(あたりまえですけど)、
まあちょっと簡単に重臣の先祖をまとめてみました。


毛利元就御座備図」を元にまとめてみましょう。

毛利元就
もちろんの事で嫡流は長州藩主です。

毛利隆元
元就の隠居後、家督を継ぐのですが急死してしまい、
嫡男の毛利輝元が家督を継ぎます。

宍戸隆家
元就の娘を妻として迎え一門衆となる。
その後、一門家老家筆頭として幕末に至ります。
高杉晋作が宍戸家の養子宍戸刑馬と偽って、
四カ国連合艦隊と談判したのは、
宍戸家が筆頭家老であったため。
幕末の当主である宍戸親基は、
幕長戦争で芸州口の指揮官となっています。

吉川元春
安芸の名門吉川家の養子となった元就の次男。
毛利の血が入った事で、事実上毛利家が吉川家を乗っ取ります。
元春の次男吉川広家が、関が原で東軍に加担した為、
徳川家からは大名として、
毛利家からは家臣として扱われるという微妙な立場となった。
毛利家との確執は幕末まで継続するが、
幕長戦争に至る経緯で関係は回復されています。

小早川隆景
安芸の有力な領主小早川家の養子となった元就の三男。
毛利両川として毛利宗家を補佐しますが、
豊臣政権化で独立大名とされ、五大老の一角となります。
小早川秀秋の時代、関が原で西軍として出陣し、
裏切って東軍に付きます。これにより西軍は壊滅。
その功で岡山55万石に加増されましたが、
無嗣断絶により改易されました。
隆景の養子で豊臣時代に別家を創設した小早川秀包は、
久留米13万石の大名でしたが関が原の戦い後に改易。
嫡男の小早川元鎮は小早川の姓を捨てて毛利姓に戻し、
吉備毛利家の祖となっています。
吉敷毛利家の14代の毛利親直は、廃嫡して上野五郎と改名。
西南戦争に幕僚参謀として従軍し、熊本で戦死しました。

福原貞俊
吉川元春、小早川隆景、口羽通良と共に毛利家首脳部を構成。
以後、毛利家の準一門として幕末に至ります。
25代当主福原元僴は、禁門の変の責で自刃した三家老。

桂元澄
生涯を通して元就の忠臣であった桂元澄。
長州藩で2500石寄組として栄え、
その他庶流は寄組1家、大組14家と繁栄します。
桂小五郎桂太郎もその系譜。

児玉就忠
行政手腕に長けていた児玉就忠の系譜は、
寄組3000石として幕末まで続きます。
庶流も毛利宗家や支藩に仕えました。
日露戦争の英雄児玉源太郎は、徳山藩に仕える児玉庶流。
後に伯爵家となりました。

口羽道良
能臣として元就の信任を得た口羽道良の系譜は、
長州藩の寄組などに庶流が栄え、幕末に至る。
幕末には吉田松陰と親交があった口羽徳助や、
慶応2年に創設された南十四大隊の司令口羽通博がいます。

志道広良
口羽通良の弟で元就の軍師的な役割を担った志道広良。
子孫は寄組三家、大組九家と栄えた。
幕末の嫡流次男は、粟屋本家に嫡養子に入った粟屋帯刀
また、井上聞多は一時期大組志道家の養嗣子となっています。

熊谷直信
数々の戦で活躍し、毛利家に尽くした熊谷直信でしたが、
孫の熊谷元直がキリシタンとなり、
毛利輝元が棄教を命じても拒絶した為、
輝元の反感を買っていました。
その為、他の家臣との衝突事件を口実に輝元に討たれ、
熊谷家は断絶しますが、元直の孫熊谷元貞の大坂の陣の功で、
再興を許されて寄組となっています。
幕末の当主熊谷直行浦靱負の弟でしたが、19歳で早逝しています。
次々代の熊谷親直は俗論派として藩政に関与しますが、
長州内訌戦後に失脚します。

渡辺通
尼子勢に追い詰められた元就の危機を、
他の6人と共に身を呈して救い、奮戦して戦死した渡辺通。
元就はその忠義に感謝し、渡辺家を代々見捨てないと誓う。
その方針が代々受け継がれ、長州藩の正月の甲冑開きの儀式では、
渡辺家の者が先頭の栄誉に与かることになりました。
甲子殉難十一烈士の一人である渡辺内蔵太はその系譜。

御座備図の他にも「毛利十八将」として、
天野隆重、吉見正頼、赤川元保、粟屋元秀、
国司元相、粟屋元親、飯田元親、井上元兼がいます。

天野隆重
尼子との戦いで活躍した天野隆重。
子の代に熊谷直信と共に殺され、家名は断絶。
幕末まで続いた天野家は隆重の弟天野隆良の別家です。

吉見正頼
孫の代に毛利に反抗して断絶。
その後、吉川広家の次男が吉見家を継ぐことになりますが、
後に毛利を名乗って大野毛利家となっています。

赤川元保
五奉行の一人として元就に仕えますが、
隆元の急死が元保の謀略であると疑った元就に自刃させられます。
その後、疑いが晴れ、赤川家は再興。
幕末の子孫については、まだ調べれていません。

粟屋元秀粟屋元親
祖父元秀より元就に仕えた粟屋家は、
元親の代には五奉行として活躍しています。
幕末の粟屋家当主粟屋帯刀は、
長州内訌戦で萩政府軍を率いています。

国司元相
五奉行の一人として元就に仕えた国司元相。
100歳まで生きたそうです。
国司家は寄組として家老を多く排出しており、
幕末の当主国司親相は、禁門の変の責で自刃した三家老の一人。

飯田元親
飯田元親の系譜はちょっとわかりません。
飯田家は寄組として残っていますが、
飯田家は元親の他に、飯田義武の飯田家という別家があり、
どちらの系譜か調べられていません。

井上元兼
一族と共に元就を支持して、家中で重きを成した井上元兼。
その影響力や権威の強さが次第に大きくなった為に、
粛清されてしまいます。
とはいえ忠誠心から命を助けられた一族も残っており、
大組等で毛利家に仕えています。
井上聞多は、粛清を免れた一族の井上就在の末裔。

まあ簡単に調べただけですが、意外とみんな続いていますね。
今回は血ではなく家で調べたので、よほどじゃないと断絶はしないでしょう。
機会があれば、別の藩もまとめてみたいと思います。

■関連記事■
調子に乗って武田二十四将も調べてみる①
 戦国最強の甲斐武田家家臣らの系譜は幕末に何をしていたか?
七本槍の幕末について調べてみる
 賤ケ岳七本槍の系譜は幕末に何をしていたか?
徳川十六神将末裔の幕末①
 徳川十六神将の系譜は何藩?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。