岩国市 洞泉寺(岩国藩吉川家墓所)

吉川家墓所吉香公園の西側にあります。
墓所は吉川家菩提寺洞泉寺の境内なのですが、
洞泉寺と吉川家墓所の間に永興寺という寺があり、
そこの境内と勘違いしてしまいそう。


洞泉寺」。
室町時代中期の武将吉川経信が、
安芸国新庄大朝に創建した洞仙寺を、
吉川家が岩国領主となった際に同地に移転。
寺名を洞泉寺に改めました。


吉川家墓所」。
吉川家代々の墓所。
初代領主吉川広家から12代領主吉川経幹まで、
6代領主吉川経永を除く当主及びその妻など、
一族の墓碑51基が建てられています。


墓所内部はまるで城壁のようになっており、
他の毛利宗家や一門の墓所とは赴きが違います。
毛利家と疎遠であった事が伺えますね。


城壁の迷路のような墓所の至る所に墓石があり、
それぞれに説明板が設けられています。

幕末の藩主吉川経幹の墓を探すも見当たらない。
墓所の地図があったので確認してみると、
初代と経幹の墓は奥の横山を登った場所との事。

こちらの階段から登ります。
小雨でできれば登りたくはないのですが、
経幹の墓があるなら仕方ないですね。


全光院殿前拾随補四品中岩如兼大居士覚霊」。
初代領主吉川広家の墓。
小早川隆景と共に毛利両川と呼ばれ、
毛利家発展の基礎を作った吉川元春の次男で、
吉川元長の死後に家督を継ぎ、
豊臣秀吉から高く評価され、
文禄・慶長の役に出陣して功を立てています。
長府藩初代藩主毛利秀元との確執や、
関ヶ原での東軍への内通で、
家中での発言権が弱まりますが、
岩国では領主として城下の基礎を作りました。


巌國候吉川有恪公之墓(左)」、
贈従三位吉川経幹卿夫人木下氏墓(右)」。
14代領主(初代藩主)吉川経幹と夫人の墓。
疎遠となっていた宗家との関係改善に努め、
主に長州藩と幕府のパイプ役となりました。
幕長戦争では芸州戦争で戦い勝利に貢献。
慶応3年3月に死去しますが、
その死は秘匿されたままにされていましたが、
岩国領が新政府により城主格の諸侯と認められ、
死後に初代岩国藩主となります。
その死が発表されたのは、明治2年3月でした。

これで4支藩の藩主家墓所を制覇しましたが、
※他の支藩→長府藩徳山藩清末藩
最後の岩国吉川家の墓所は、
城壁風の壁に囲まれた一風変わった墓所でした。

■関連記事■
岩国市 岩国城跡
 岩国領吉川家の居城。
岩国市 岩国護国神社
 岩国藩の戦死者を招魂する招魂社。
山口県岩国市 芸州戦争関連史跡
 岩国と広島の藩境で芸州戦争が開始。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。