山口県山口市 玄済寺(吉敷毛利家墓所)

吉敷毛利家は、毛利元就の九男小早川秀包を祖とします。
秀包久留米藩の大名でしたが、関ヶ原後に改易。
その後、改めて毛利輝元に召し抱えられて、
阿川、滝部、殿居7千石を与えられました。
その後、秀包の孫の3代毛利元包の時代に、
領地替えが行われ吉敷に移り、
それ以降から吉敷毛利家と呼ばれています。
元々玄済寺は阿川にありましたが、
領地替えの際に吉敷に移されています。


山口市吉敷周辺(玄済寺の場所)
玄済寺は吉敷招魂場の隣。
もちろん玄済寺の方が先に建立されています。


玄済寺山門」。
参道は吉敷招魂場のある天神山の横にまっすぐ延び、
山門前には「吉敷願かけ地蔵」が建立されており、
戦前より願いを叶えるお地蔵様として信仰されました。


幽石大田翁寿蔵碑」。
山門をくぐった左手に、家老大田幽石の碑があります。
尊攘派の家老で、高杉晋作らの要請を受けて内訌戦に協力。
幕長戦争では、良城隊中軍軍監として芸州戦争に出陣しました。
郷校憲童館の学頭も務め、後に各府県の官職を歴任した後、
毛利十一代史」を17年の歳月を費やして完成させてます。
この碑は80歳を迎えた事を祝って建立された寿蔵碑。


玄済寺本堂」。
平成19年に改修された綺麗な本堂。
屋根の一番上に「一文字三つ星」の家紋。
毛利家菩提寺の証ですね。


家老十三代福原広俊公」の墓。
長州藩永代家老福原家13代当主福原広俊の墓。
吉敷毛利家が領地替えで入る前、
吉敷周辺は福原家の所領でした。

本堂の左奥に吉敷毛利家の墓所があります。

吉敷毛利家墓所」。
墓所は縦長に山の奥の方に延びるようにあります。
観取図が建てられていてわかりやすい。


十二代 房兼公」の墓。
吉敷毛利家12代当主。毛利房謙とも。
毛利敬親の将軍拝謁に同行。
郷校憲章館を創設した当主でもあります。


十三代 元一公」の墓。
吉敷毛利家13代当主及び15代当主。
家臣子弟の教育を推奨し、優秀な者を遊学させるなど、
非常に開明的な当主でした。
長州藩の正義派家老であったようで、
内訌戦では諸隊側に味方しています。
明治3年に養嫡子の毛利親直に家督を譲って隠居しますが、
親直が離籍した為に、再び家督を継きました。


十六代 重輔公」の墓。
吉敷毛利家16代当主。
長州藩士山本信一の子で、毛利元一の養子。
元一が再び隠居したことにより吉敷毛利家を継ぎます。
渡米して鉄道技術を学び、
日本鉄道会社の副社長や技術長などを努めましたが、
明治34年、乗っていた列車の逆走事故により、
不運にも轢死してしました。


初代 秀包公供養塔」、
二代 元鎮公供養塔」。
初代と二代は吉敷を所領する前の人物ですので、
ここには墓はありません。
墓所の一番高い位置に供養塔が設置しています。

幕末の吉敷毛利家は正義派であり、
当主の元一は開明的な人物でしたが、
子に恵まれなかった為に養子を貰うのですが、
はじめの養子は謎の離籍。
平民となって一兵卒で西南戦争に従軍して戦死しました。
次に養子に貰った重輔は、
後に列車事故で死去するという不幸に見舞われました。

■関連記事■
防府市 天徳寺(右田毛利家墓所)
 一門家老右田毛利家の墓所。
下関市豊北町阿川 阿川毛利家墓所
 一門家老阿川毛利家の墓所。
山陽小野田市 厚狭毛利家墓所
 一門家老厚狭毛利家の墓所。
山口県熊毛郡 海前寺跡(大野毛利家墓所)
 一門家老大野毛利家の墓所。
周南市小松原 貞昌寺(宍戸家墓所)
 一門筆頭家老宍戸家の墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。