周南市小松原 貞昌寺(宍戸家墓所)

長州藩筆頭家老宍戸家は、毛利元就の中国制覇に貢献し、
一門衆として吉川小早川に次ぐ待遇を受けており、
毛利家の防長減封後も代々筆頭家老を努めています。

吉川家は関が原の確執から、藩内での発言力を失い、
小早川家は豊臣政権下で独立した為、
※後に断絶。別家は吉敷毛利となっています。
宍戸家は必然的に一門筆頭となったわけです。

はじめ佐波郡右田を所領としていましたが、
16代当主宍戸就尚の時代に熊毛郡三丘に知行替えが行われ、
以降は代々三丘領主として幕末に至りました。


周南市小松原周辺(貞昌寺の場所)


貞昌寺山門」。
この場所は、大内氏の三丘嶽城の大手門があった場所。
石垣は大手門のものだそうです。


たしかに古城の石垣のような造りですね。
この石垣は「穴太積」と呼ばれる石の積み方で、
近江の石工穴太衆がやって来て積んだのでしょう。


臨皐赤先生碑」。
不許葷酒入山門の石柱の近くにある石碑。
臨皐赤先生とは誰の事でしょう??
調べてもわかりませんでした。


貞昌寺本堂」。
貞昌寺は、家祖である八田知家の四男宍戸家政から、
23代宍戸元礼までの歴代当主の位牌が安置されています。

宍戸家墓所は、貞昌寺境内の西側の小高い場所。

宍戸家墓所」。
ここに宍戸家18代~23代当主の墓があります。
それ以前の当主の墓は、少し北に行った仙竜寺墓所


墓所内。
綺麗に整備されていますが、
敷地的にはこじんまりとしています。


文恭院殿鳳褄俊徳大居士」。
幕末前期当主の23代宍戸元礼の墓。
長州藩一門家老福原房純の次男として生まれ、
伯父である22代当主宍戸親朝の養子となり宍戸家を相続。
安政2年に隠居して家督を嫡男親基に譲っています。
慶応3年、死去。

幕末後期の当主24代宍戸親基の墓は、
ここにはありませんでした。
熊毛北高校の裏あたりにあるようです。

■関連記事■
周南市 宍戸家郷校徳修館
 宍戸家の郷校徳俢館。
山口県岩国市 芸州戦争関連史跡
 宍戸家家臣団からなる南第一大隊は、芸州口で戦っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。