防府市 天徳寺(右田毛利家墓所)

右田毛利家は、毛利元就の七男毛利天野元政を祖とし、
周防三丘に1万石を与えられ家老家となりますが、
2代当主毛利元倶が一門家老筆頭宍戸家と領地を交換し、
周防右田を領したことから右田毛利と呼ばれました。
家格は筆頭の宍戸家に次ぐ次席です。

右田毛利家が清和源氏の流れを汲むとされる事から、
周防国に源頼朝が建立した総受寺を、
家祖元政の法名にちなみ天徳寺と改めて菩提寺としました。
清和源氏の流れを汲むって事なので、
軽く調べてみましたがどうもわかりません。
天野も毛利も藤原氏だし、初代元政の母も平氏
どっかで軽く清和源氏が入ってるんでしょうかねぇ。

とにかく右田毛利家の菩提寺は天徳寺に定められますが、
2代毛利元倶の墓は徳性寺にあったりします。
これは元倶が晩年、浄土宗に帰依したことから、
浄土宗の寺である徳性寺に葬られています。
その他の歴代当主はこの天徳寺を菩提寺としました。


天徳寺山門」。
源頼朝が鎌倉幕府や源氏一門の興隆を祈願して、
この地に総受寺に建立します。
その際、頼朝は公孫樹(銀杏)を植えたとされており、
今なおその公孫樹は境内にそびえ立ちます。
※・・ということは樹齢800年!?
以降は武士の祈願寺として栄え、右田毛利家がこの地に移ると、
総受寺を菩提寺として定め、寺号も天徳寺に改めました。


天徳寺本堂」。
本堂の後ろにそびえるのは右田ヶ岳
切り立った花崗岩が多数露出している岩峰で、
登山家にも人気の山です。
この山頂に大内氏の庶流右田家の城がありましたが、
毛利元就の周防侵攻に際して降伏しました。
その後の詳しい経過はわかっていませんが、
江戸初期には廃城となっています。
この日はモヤがかかっており、写真がボケてしまいました。


天徳寺の右側に墓地があり、
奥の石階段から右田毛利家墓所に向かいます。
手前の新しい墓地の他、
石階段の両脇の林の中に古い墓が見えました。
右田毛利家家臣のものでしょうか?


右田毛利家墓所」。
思っていたより立派な墓所でびっくり!
さすが次席家老家といったところでしょうか。
僕が訪問した他の家老家や支藩の中でも一番立派です。


豊瑞魂彦毛利元亮翁之墓」。
11代当主毛利元亮の墓。
幕長戦争では三田尻防衛を担当しています。


建功彦親信根毛利藤内大人之墓」。
12代当主毛利親信の墓。
幕長戦争の際には、石州口総督となっています。
鳥羽伏見北越会津戦争にも従軍して戦功を挙げました。
明治3年からフランスに留学。
岩倉使節団がフランス入りした際、
木戸孝允と一緒にパリの歯科医に通ったそうです。
※この事は「木戸孝允日記」に記されています
帰国後は、第百十国立銀行の頭取となりますが、
労咳に罹ってしまい下関で療養するも、
37歳の若さで死去しました。


和五彦従三位毛利祥久墓」。
13代当主毛利祥久の墓。
11代元亮の実子で12代親信の養子。
父の死後、第百十国立銀行の頭取となり、
三河湾の干拓事業を手がけています。
干拓で作られた新田は「毛利新田」と呼ばれますが、
高潮により塩害にあい「毛利新田」は壊滅。
その後、事業家神野金之助が「毛利新田」を再築し、
再び造られた新田は「神野新田」と呼ばれました。
その後も数々の開拓事業等に投資し、
昭和16年に死去しています。

その他、奥方のものと思われる五輪塔も立派でしたし、
1万6000石という微妙な石高のわりに、
とても裕福だったのだろうと思われます。
所領が交通の要所であったことで、
副収入があったのでしょうか?

■関連記事■
下関市豊北町阿川 阿川毛利家墓所
 一門家老阿川毛利家の墓所。
山口市吉敷 玄済寺(吉敷毛利家墓所)
 一門家老吉敷毛利家の墓所。
山陽小野田市 厚狭毛利家墓所
 一門家老厚狭毛利家の墓所。
山口県熊毛郡 海前寺跡(大野毛利家墓所)
 一門家老大野毛利家の墓所。
周南市小松原 貞昌寺(宍戸家墓所)
 一門筆頭家老宍戸家の墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。