山口県防府市 天徳寺/右田毛利家墓所①

①/

右田毛利家毛利元就の七男天野元政を祖とし、
周防三丘1万石を与えられますが、
2代毛利元倶が一門筆頭宍戸家と領地を交換し、
右田を領したことから右田毛利家と呼ばれます。
家格は筆頭の宍戸家に次ぐ次席

右田毛利家が清和源氏の流れを汲むとされ、
周防国に源頼朝が建立した総受寺を、
天徳寺と改めて菩提寺としました。
清和源氏の流れを汲むって事なので、
軽く調べてみましたがよくわかりません。
天野も毛利も藤原氏で初代元政の母も平氏
どこかで清和源氏が入ってるんでしょうか?

とにかく菩提寺は天徳寺に定められますが、
2代毛利元倶の墓は徳性寺にあったりします。
これは元倶が晩年に浄土宗に帰依したことから、
浄土宗の寺である徳性寺に葬られた為で、
他の当主はこの天徳寺を菩提寺としました。


山門」。
頼朝が鎌倉幕府や源氏一門の興隆を祈願して、
この地に総受寺に建立します。


公孫樹(銀杏)」。
山門入った左側にある銀杏
頼朝は創建の際に公孫樹を植えたとされ、
今なおその公孫樹は境内にそびえ立ちます。
※・・ということは樹齢800年?
訪問時は季節ではなかったのが残念。


頼朝塚」。
公孫樹の脇に建てられた頼朝の供養塔。
墓石の様子からして後世の建立でしょう。

以降の天徳寺は武士の祈願寺として栄え、
後に右田毛利家がこの地に移ると、
この総受寺を菩提寺として定め、
上記のように天徳寺と改めて菩提寺としました。

本堂」。
本堂の後ろにそびえるのは右田ヶ岳
切り立った花崗岩が多数露出している岩峰で、
登山家にも人気の山とのこと。
山頂に大内氏庶流右田家の城がありましたが、
毛利元就の周防侵攻に際して降伏しました。
その後の詳しい経過はわかっていませんが、
江戸初期には廃城となっています。


天徳寺の右側に墓地があり、
奥の石階段から右田毛利家墓所に向かいます。
手前の新しい墓地の他、
石階段の両脇の林の中に古い墓が見えました。
右田毛利家家臣のものでしょう。


右田毛利家墓所」。
思っていたより立派な墓所でびっくり!
さすが次席一門家老家といったところでしょうか。
他の家老家や支藩の中でも一番立派です。

つづく。
①/

■関連記事■
下関市豊北町阿川 阿川毛利家墓所
 一門家老阿川毛利家の墓所。
山口市吉敷 玄済寺/吉敷毛利家墓所
 一門家老吉敷毛利家の墓所。
山陽小野田市 洞玄寺/厚狭毛利家墓所
 一門家老厚狭毛利家の墓所。
山口県熊毛郡 海前寺跡/大野毛利家墓所
 一門家老大野毛利家の墓所。
周南市小松原 貞昌寺/宍戸家墓所
 一門筆頭家老宍戸家の墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。