山口県熊毛郡 海前寺跡(大野毛利家墓所)

長州藩には八つの家老家(うち2つは準一門)があました。
宍戸家を筆頭に、右田厚狭吉敷阿川大野の毛利家と、
禁門の変の責任で一時断絶した益田福原の準一門家です。

このうち大野毛利家は、周防国熊毛郡を領する家老家で、
家祖である吉川広家の次男毛利就頼が、
名門吉見家に養子として入り、後に毛利家に復した事から、
他の毛利家が「一文字三つ星」を用いていたのに対し、
丸に二つ引(引両紋)」の家紋を使用しました。


山口県熊毛郡平生町周辺(大野毛利家墓所の場所)
とりあえずgoogleMAPを頼りに近くまで行ってみると、
案内板が設置されていたので迷わず行けました。


民家脇を通りますので、ご在宅なら挨拶は忘れずに。
が出ますので、肌の露出は避けましょう。
ちなみに僕は半袖半ズボンでしたので、
いっぱい刺されました。


大野毛利氏の墓」。
直線の長い坂を登ると現れます。


一門家老家にしては規模が小さい。
調べたら近くの秀巌寺にも女方の墓所があるようです。
幕末の二人の当主の墓はここにありましたが、
代々の墓は見当たりません。
もう少し竹林の奥を進むとあるのかもしれませんが、
幕末の二人を見つけたので探してはいません・・・。


大㙒領主毛利寉翁源熈頼墓」。
大野毛利家8代当主毛利熈頼の墓。
安政2年に浦賀に出張し、
警護総奉行を任じられています。
長州藩の家老の中でも保守派に属しており、
長州征伐の際には三家老の首を広島に持参しました。


元大㙒領主毛利親詮墓」。
大野毛利家9代当主毛利親詮の墓。
文久2年に兵庫警衛総奉行、元治元年の内訌戦の際は、
大谷口総奉行に任命されており、
内訌戦が終わると指月城城代にもなっています。

大野毛利家は、他の一門家と違い爵位は受けていません。
これは8代熈頼が保守派であったからともされていますが、
単純に一門の末席であったからともいえますね。

これにて一般公開されていない福原家を除き、
※年に1日のみ公開。
一門家老家の墓所を全て参拝致ししました。

■関連記事■
防府市 天徳寺(右田毛利家墓所)
 一門家老右田毛利家の墓所。
下関市豊北町阿川 阿川毛利家墓所
 一門家老阿川毛利家の墓所。
山口市吉敷 玄済寺(吉敷毛利家墓所)
 一門家老吉敷毛利家の墓所。
山陽小野田市 厚狭毛利家墓所
 一門家老厚狭毛利家の墓所。
周南市小松原 貞昌寺(宍戸家墓所)
 一門筆頭家老宍戸家の墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。