三重県桑名市 長島城跡

長島藩は、木曽三川の河口部にある長島を領し、
4代将軍徳川家綱の生母宝樹院の縁者増山家が治めました。

増山家以前は、久松松平家が治めていましたが、
藩主松平忠充が暗君で、重臣3人を切腹させ、
その重臣の子4人を死罪にするなど暴挙を行ったため、
幕府から乱心であると判断されて改易となっています。

長島藩の藩庁長島城は、鎌倉時代に建てられた城で、
一向一揆の拠点となったり、
滝川一益織田信雄の居城となったりしました。

長島町周辺(長島城の場所)

現在の長島城の跡地は、
長島中部小学校長島中学校になっており、
遺構は殆ど残っていません。

長島中学校正門」。
ここが城であったと事を示すような瓦屋根の門。
もちろん遺構ではありませんが、こういうのは大事です。


元長島藩有志」と刻まれた石碑。
城跡の碑。小学校の校庭に建っています。


長島の大松」。
樹齢300年のクロマツで、本丸の南西にあったという。
300年前といえば江戸時代の中期頃ですね。

さて、長島城の現存する建造物ですが、
近隣の蓮生寺に大手門が移築されています。

蓮生寺山門(長島城大手門)」。
明治9年に払い下げられてここに移築されています。
大手門にしてはあまりにもこじんまりしていると思ったら、
どうも小さく作り変えているようです。
増山家の増山雁金の家紋も見受けられました。

幕末の藩主増山正修は佐幕を貫こうとしますが、
伊勢の諸藩が次々に新政府へ恭順していったため、
泣く泣く新政府に従います。
この増山正修、実は庄内藩からの養子で、
庄内藩主酒井忠篤は、甥(兄の子)にあたります。
恭順後は、藩兵を奥羽越に送らねばならず辛かったでしょうね。

また赤報隊から3千両を強奪されるという災難にも遭っています。

【長島藩】
藩庁:長島城
藩主家:増山家
分類:2万石、譜代大名

■関連記事■
三重県桑名市 花林院(増山正修墓所)
 幕末の長島藩主増山正俢の墓。
三重県桑名市 桑名城跡
 隣藩の桑名藩久松松平家の居城跡。
三重県三重郡 菰野陣屋跡
 隣藩の菰野藩土方家の陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。