兵庫県姫路市 林田陣屋跡

三重県まで車で出張。
一晩泊まって帰ろうという事になり、姫路に宿泊。
朝10時に出発と決まったので、それならばと、
朝早くから起きて周辺の史跡を一人で行ってきました。

6時に起きて林田陣屋に向かいます。

姫路市林田町周辺(林田陣屋の場所)

林田藩建部家の支配する外様藩で、
江戸時代初期の尼崎からの転封以降、
250年余りの間、林田周辺を治めました。


林田藩校敬業館敷地跡」。
陣屋跡の南側に藩校跡があります。
敬業館は当時珍しい士庶共学の学校で、
士族は8歳で必ず入学する事になっていましたが、
学問を学びたいという庶民も受け入れていました。
敬業館という藩校名は、長府藩と同じですね。


敬業館講堂」。
敬業館の遺構で唯一現存する建物。

敬業館敷地跡より奥に進んで、陣屋跡に向かいます。

河野鐵兜先生碑」。
姫路市立林田中学校の正門前にある石碑。
河野鉄兜は当時有名な儒学者で、
熊本藩にも招かれていましたが、
故郷を領する林田藩への仕官を望んで、
敬業館の教授となった人物でした。

碑の右側の道を通って陣屋敷地内へ。

陣屋跡一帯は「聖ケ岡公園」として整備されています。


建部神社」。
林田藩祖建部政長を祀る神社。
林田陣屋の二の丸東曲輪の跡地に建てられています。


林田陣屋跡」。
建部神社より左に進むと、林田陣屋跡の碑が見えてきます。
この場所が本丸のあった場所で、
現在は梅林となっているようですが、
梅の木があったのは気が付きませんでした。
奥の石碑は大東亜戦争の忠魂碑。

さて、林田は大庄屋の住宅が残されているということで、
行ってみることにしました。

林田大庄屋旧三木家住宅」。
早朝なので閉まっていました。
訪問時は7時前・・残念。

幕末の林田藩は、早くから勤皇に統一されており、
大政奉還後、早々に新政府に恭順していますが、
小藩ゆえに姫路城攻撃に少兵を出した他、
京都で華頂宮博経親王の警護に少数出した程度でした。

【林田藩】
藩庁:林田陣屋
藩主家:建部家
分類:1万石、外様大名

■関連記事■
兵庫県尼崎市 尼崎城
 建部家ははじめ尼崎を領して大名となりました。
兵庫県たつの市 龍野城跡
 隣藩の譜代脇坂家龍野藩の藩庁。
兵庫県姫路市 姫路城
 林田藩は新政府による姫路討伐に兵を出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。