兵庫県姫路市 姫路城

姫路藩の藩庁である姫路城は「国宝」であり、
ユネスコ世界文化遺産」。日本を代表するお城です。

宝は良いとして、ロビー活動で決定される世界遺産は、
僕はとっても胡散臭いなと常々思っているのですが、
登録される事によって外国人観光客が増える訳ですから、
それはそれで悪い事ではないのでしょうね。

城や陣屋の多くが不要であるとして競売・解体される中、
姫路城も競売に掛けられますが、解体されませんでした。
大きすぎて解体が困難だったという説や、
保存を目的で落札されたという説がありますが、
真相はよくわかりません。

その後、姫路城を保存しようという動きが起こり、
明治の大修理」が行われて保存される事となりました。
そして昭和に入って「昭和の大修理」が行われるのですが、
太平洋戦争によって中断。白い姫路城は大変目立つために、
空爆対象となりかねませんでしたが、
黒く染められた網で全体を覆い隠し爆撃を避けています。
終戦後に修理が再開されて、昭和39年に完了。
世界遺産登録を経て、最近完了した「平成の大修理」によって、
現在の純白の容姿となっています。

大手門駐車場に車を止め、姫路城天守閣を目指します。
外国からの旅行者らしき人達が多く、
さすが世界遺産といったところ。

信号待ちで一枚。遠くに天守が見えます。
遠くからなら何度か見てるのですが、
近くで見るのは今回が初。


大手門」。
この大手門は江戸時代のものではなく、
実は昭和13年に建てられたもので、
当時とは場所も形も違うらしい。
ですが、昭和13年といえば築79年ですので、
十分に年期は入ってますね。


で、門をくぐるをドーンと天守閣が見えてみます。
これはテンション上がりますね。


姫路城 連立天守群」。
さすがに美しい。見る価値アリです。
が、中へは入らずに終了。
時間がありませんでしたので・・・。

姫路藩は雅楽頭系酒井家が治める15万石譜代藩。
幕末の姫路藩は、勤皇・佐幕が対立していましたが、
大老にも就任している8代藩主酒井忠績は、
甲子の獄」と呼ばれる勤皇派の粛清を行い、
藩論を佐幕に統一。忠績は慶応3年に隠居しますが、
次代の酒井忠惇も老中となり佐幕を継承し、
鳥羽伏見の戦いに臨みますが、敗
れて姫路藩は朝敵となってしまいます。
跡を継いだ酒井忠邦は恭順の姿勢を示し、
佐幕派家臣を大量処分して、
新政府に15万両の献金を行って許されました。

もし仮に、姫路藩が徹底抗戦の構えを貫いていたならば、
姫路城攻撃が行われ、アームストロング砲などにより、
この美しい天守に無数の穴が開いていたかもしれませんね。

【姫路藩】
藩庁:姫路城
藩主家:酒井雅楽頭宗家
分類:15万石、外様大名

■関連記事■
兵庫県姫路市 善導寺
 姫路藩尊皇攘夷派の中心的人物河合惣兵衛の墓所。
兵庫県姫路市 船場本徳寺(勤皇の志士の碑)
 姫路藩尊皇攘夷派の墓碑が並んでいます。
兵庫県姫路市 姫路藩勤王志士終焉之地
 甲子の獄によって処刑された勤皇志士ら終焉の地。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。