兵庫県姫路市 姫路藩勤王志士終焉之地

譜代藩であった姫路藩にも尊攘派は存在し、
その首魁であった河合惣兵衛は京にて積極的に活動し、
在京中には三条実美邸に行かない日は無かったほど。

河合ら姫路藩勤皇党は、藩内でも尊攘運動を展開し、
守旧派と対立して攻防が繰り返されていました。
勤皇党は豪商紅粉屋児島又左衛門の暗殺、
天誅組への資金援助などの事件を起こしており、
この事態を重く見た佐幕派の筆頭家老高須広正は、
藩内尊攘派の弾圧を開始します。

甲子の獄」と呼ばれるこの一連の弾圧により、
約70名の処罰者を出して姫路藩勤皇党は壊滅しました。

今回訪れたのは「甲子の獄」で捕らえられた尊攘派が、
斬首された獄舎のあった場所。

姫路市魚町周辺(大蔵前公園の場所)。
獄舎のあった場所は公園となっています。


姫路藩勤王志士終焉之地」碑。
河合伝十郎江坂栄次郎の2名は斬首され、
河合惣兵衞松下鉄馬伊舟城源一郎市川豊二
萩原虎六江坂元之助の6名が切腹。
2名の斬首には脱藩による罪も含まれています。

この弾圧事件の報復として維新後に佐幕派の弾圧が行われ、
150名もの処罰者を出す「戊辰の獄」が行われました。
※2021/03/09 再訪して写真を変更。

■関連記事■
兵庫県姫路市 姫路城
 国宝であり世界遺産である姫路藩酒井家15万石の居城。
兵庫県姫路市 善導寺
 姫路藩尊攘派の首魁河合惣兵衞の墓所。
兵庫県姫路市 船場本徳寺(勤皇の志士の碑)
 甲子の獄殉難者の慰霊墓。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。