兵庫県姫路市 善導寺

姫路藩の尊皇攘夷派を壊滅させた「甲子の獄」。
この殉難者の中心的人物が河合惣兵衛でした。

姫路藩主酒井忠績が、京都所司代を臨時に代行
これに惣兵衛も同行して京都に入り、
諸藩の尊攘派志士と交流。特に三条実美と懇意にしており、
在京時は欠かさず三条邸に足を運んでいます。

文久3年の八月十八日の政変以降は、
藩内で尊攘夷派の風当たりが強くなり、
婿養子の河合伝十郎の脱藩・捕縛や、
同志達の暗殺事件が明るみに出ると、
役を解かれ謹慎処分を受け後に投獄。
賀川肇家里松嶹などの暗殺事件首謀者として、
切腹を命じられました。

惣兵衛の河合家は姫路藩家老河合家の諸流で、
善導寺を菩提寺としています。

善導寺」。
姫路城の南東に位置する浄土宗の寺。
「甲子の獄」によって惣兵衛河合家は断絶していましたが、
明治元年に家名再興が許され、惣兵衛の墓石も建立されています。


善導寺本堂」。


贈従四位河合宗元君之墓」。
元々は本堂裏手の墓地にありましたが、
墓所の整備の際に本堂右前に移設されたようです。
この墓石は、再興で河合家を継いだ河合宗孝によって建立。
容貌魁梧、性格激烈、尊攘の志篤く、学問に優れ、
武術に秀いで、刀剣の鑑定を好み、
鈍刀を帯びた者には刀を贈ったという。
死の際には、非常に落ち着いた様子で切腹し、
自ら刃で首を斬ったとされています。
暗殺事件の黒幕であり、その死に際の見事さから、
土佐の武内瑞山のような人物だったのかな?と想像します。


河合家総墓」。
本堂裏手の墓地には、
惣兵衛河合家の総墓が整備されています。


贈正五位河合傳十郎宗貞之墓」。
景福寺山にあった河合伝十郎の墓も移設されています。

河合伝十郎は、姫路藩士境野意英の次男で、
惣兵衛の次女さきの婿として婿養子となり、
惣兵衛と共に藩主に追従して上洛。
在京諸藩の尊攘志士達と交友します。
文久3年、同志らと共に御用商人紅粉屋又左衛門を暗殺。
天誅組の変では、軍資金を天誅組に調達しました。
元治元年、同志の江坂栄次郎と脱藩しますが、
藩吏に捕縛され「甲子の獄」の引き金となり、
脱藩の罪で斬首となりました。
無辺流槍術の達人であったようです。

姫路の尊攘派は、長州藩との関わりが深かったという。
殉難者の多くが眠る景福寺山にも行きたかったのですが、
時間の都合上、今回は断念。

姫路にはまだまだ幕末史跡があるので、
また必ず来たいと思います。
なによりまだ姫路城に行ってない・・・・。

■関連記事■
兵庫県姫路市 姫路城
 国宝であり世界遺産である姫路藩酒井家15万石の居城。
兵庫県姫路市 姫路藩勤王志士終焉之地
 甲子の獄殉難者の慰霊碑。
兵庫県姫路市 船場本徳寺(勤皇の志士の碑)
 甲子の獄殉難者の慰霊墓。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。