宮城県仙台市 清浄光院(星恂太郎墓所)

足の裏の痛さに徒歩での移動を諦め、
電車に乗って仙台駅に帰ります。
すでに新幹線の時間も迫っており、
ここまでとするべきなのですが、
最後にどうしても訪問したい場所がありました。

それが清浄光院で、星恂太郎の墓所があります。
星恂太郎は額兵隊隊長なのですが、
昔、額兵隊の赤と黒のリバーシブル軍服を知り、
なんてオシャレなんだと感動した記憶があります。
その隊長の墓がすぐ近くにあるのに行かない訳にはいきません。
仙台駅からひと駅なので、最後に向かう事にしました。

仙台駅からJR仙山線に乗ってひと駅の東照宮駅で下車。
駅名からもわかるように、
最寄に仙台東照宮があります。


仙岳院」。
仙台東照宮の別当寺であり、
上野寛永寺の末寺でもあります。
このことから輪王寺宮の宿泊所になりました。
明治元年9月10日の仙台藩の降伏まで、
輪王寺宮はここと白石城を往復しました。


仙台東照宮」。
僕の地元には東照宮はありませんので、
同じ外様大名仙台藩に東照宮が存在していることが不思議。
下衆な言い方をすれば、幕府への忠誠心アピールでしょうか?
葛西大崎一揆の鎮圧に出陣した徳川家康が、
一揆平定後にここにあった天神社の境内で休息したことが、
この東照宮を建てた由来だということらしい。


仙台東照宮拝殿」。
この本殿を含め、ほとんど創建当時のもの。
市街の中心部ながら空襲にも耐えていたとは、
家康の威光もなかなかのものですね。

東照宮を出て、踏切を越えて清浄光院に向かいます。

清浄光院」。
仙岳院の末寺であった寺院で、
一万日毎に供養塔を建てていた事から、
万日堂と呼ばれました。
願行寺常念寺と共に仙台三回向寺のひとつとされ、
有無両縁仏の供養を行う大念仏供養を行っています。
現在の本堂は、弘化3年に焼失し翌年に再建されたもの。


仙台睦之墓」。
山門を入ってすぐ左側に、
墓石が並べられている一角があります。
写真中央の「仙台睦之墓」は、
あとで調べたら遊女達の総墓らしい。

この墓石郡の中に、星恂太郎の碑があります。

星恂太郎碑」。
これが墓かと思ったら違いました。
実は本堂の左側の墓地に星家の墓があり、
そこに星恂太郎が眠っているようです。
この碑をみて、すっかり墓だと思ってしまい、
肝心のお墓には参ることが出来ず帰ってしまいました。


ネットより画像を拝借。こちらが星恂太郎のお墓です。
すぐそこにあったのに参れなかったことが残念・・。

星恂太郎は、仙台東照宮宮司星道榮の子として生まれ、
台所人小島友治の養子となりましたが、
料理人を嫌がって実家に帰っています。
その後、武芸を修めて国学を習い、
尊皇攘夷運動に身を投じました。
藩内の開国派を国賊とみなし、徒党を組んで暗殺を計画。

藩内の開国論者であった大槻磐渓の暗殺に行った際に、
逆に説得されて開国派に転身。脱藩して江戸に出ます。
江戸に出たのはいいのもの滞在費に困り果て、
同藩の江戸勤番富田鐵之助に金を無心したところ、
富田は家老但木土佐に相談。但木の資金援助を得ました。
そして但木の薦めで洋式軍学を学ぶこととなります。

戊辰戦争が始まると但木は星を招聘し、
洋式軍隊である額兵隊を組織します。
しかし奥羽越列藩同盟軍が劣勢になり、
仙台藩の藩論は降伏恭順へと傾いていた為に、
これを潔しとせず、額兵隊と共に旧幕府艦隊と合流。

蝦夷共和国では歩兵頭並第三列士満第二大隊長に就任。
木古内の戦いなどに参加しました。
黒田清隆酒樽五樽と鮪五尾を送って来た際、
毒を恐れて皆が手を付けるのを躊躇する中、
星は率先してこれを飲んだというエピソードもあります。

戦争後は北海道製塩業を営みますが、失敗して仙台に戻り、
持病の脚気が悪化し、明治9年に若くして死去しました。

戦後の不遇が残念なかぎり。
商売には向いていなかったのでしょうね。
脚気ということは栄養不足だったのでしょうから、
貧困にあえいでいたのかもしれません。
本来の専門である軍事の才能を生かして、
陸軍に入隊していれば違う道もあったかもしれませんね。

これにて今回の仙台史跡巡りは終了。
なんとか新幹線にも間に合いました。
帰った後に足の裏を見ると、
マメが左右あわせて7個も出来ており、
痛くて痛くてあとが大変でした。

■関連記事■
宮城県仙台市 保春院(玉蟲左太夫墓所)
 奥羽越列藩同盟の軍務局副頭取玉蟲佐太夫の墓。
宮城県仙台市 瑞鳳殿
 伊達政宗など初期の藩主家墓所。
宮城県仙台市 仙台城跡
 仙台藩伊達家62万石の居城。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。