下関市豊北町滝部 松陰母堂生家村田家跡

吉田松陰の母杉滝子の生家村田家が整備され、
顕彰碑も建てられたそうなので、行ってみました。


村田記念公園」。
村田家が滝部を離れた後、
竹林となって荒れ果てていた跡地を、
大河ドラマ「花燃ゆ」放送を記念して、
地元住民らが募金を集めて公園として整備したもの。


村田家顕彰之碑」。
現総理大臣安倍晋三の揮毫による顕彰碑。
村田家は阿川毛利家の家臣で、代々この地に屋敷を構え、
農業、馬医を生業としていたようです。
滝子の父村田右中は、阿川毛利家萩下屋敷の番人となり、
家族で萩に在住中に滝子が生まれました。
滝子は杉家に嫁ぐ際に、
大組士の児玉太兵衛の養女となっています。
微禄とはいえ、杉百合之助は直参藩士。
陪臣の村田家の娘が嫁ぐには、相応の格好が必要でした。
当時、杉家は火災で家を失っており、
松陰の生家である松本村の山荘は、
滝子の父右中が購入して贈ったものらしい。
陪臣とはいえ、直参の杉家よりも財力はあったようですね。
滝子の婚礼を機に、右中はここに戻ってきたようです。

滝子の兄で幼くして僧となった竹院は、萩の徳隣寺で修行し、
諸国行脚したあとに鎌倉の円覚寺に止錫。
鎌倉瑞泉寺の二四世住職となったあと、
円覚寺の一九八世住職となり、さらに京都南禅寺の住職になり、
孝明天皇より紫衣を下賜されています。
松陰も彼を敬愛していたようで、江戸滞在中に会いに行ったり、
野山獄幽閉中に漢詩を贈ったりしています。

■関連記事■
萩市 吉田松陰墓所
 杉家の墓所と松陰の生家。
下関市豊北町滝部 滝部八幡宮
 滝部の氏神。松陰の碑文による烈婦登波の碑もあります。
下関市豊北町阿川 阿川毛利家墓所
 村田家は阿川毛利家の家臣。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。