大分県佐伯市 養賢寺(佐伯藩毛利家墓所)

佐伯城の三ノ丸櫓門より北へ向かう道は、
歴史と文学の道」と名付けられています。


薬医門」。
家老の土屋家の屋敷跡にある薬医門。
ネットでは城門が移築されたと書かれていますが、
その出典が見つけられない。
初めから家老家の正門としても不思議ではないし、
城門が移築されたといってもおかしくありません。
現在誰が住んでいるかはわかりませんが、
門のみが古くて家は新しいく建て替えられています。


矢野龍渓生家跡」。
薬医門の向かいにある矢野龍渓の生家跡。
矢野は佐伯藩が生んだ明治のマルチ人間で、
幕末期には文武共に優れた才能を見せ、
明治期には慶應義塾分校の校長大蔵省官僚
郵便報知新聞社社長政治家政治小説家
ジャーナリスト侍従公使随筆家など、
多彩な才能を発揮しています。


佐伯藩三泉の一 啞泉」。
8代藩主毛利高標の侍医今泉元甫は、
当時、飲水に困っていた佐伯庶民の為、
私財を投じて3つの井戸を掘りました。
庶民らは、これらの井戸を「三義井」と呼び、
今泉の義心に感謝したそうです。
この井戸はそのひとつ「啞泉」。
古民家の庭先にあり、現在は喫茶店となっています。


佐伯藩三泉の一 安井」。
こちらも今泉元甫の掘った三義井のひとつ「安井」。
もうひとつ「甘泉」という井戸があるのですが、
離れた場所だったので今回は行きませんでした。


山際通り」。
武家屋敷が並ぶ山際通りに入ります。


国木田独歩
佐伯の春先づ城山に来り」のマンホール。


国木田独歩館」。
佐伯藩士坂本家の屋敷で、当時の当主坂本永年は、
国木田独歩が教師として勤めた鶴谷学館の館長で、
独歩と弟の収二はここで下宿をしていました。

山際通りを進んだ先は養賢寺
佐伯毛利家の菩提寺で大きなお寺でしたが、
修行寺のため拝観はお断り」との事。
外観を写真に撮ったつもりでしたが、
ボケてしまってUPできません。

養賢寺の墓所より裏手にまわり、佐伯毛利家の墓所へ。


佐伯毛利家墓所」。
門には貫木がされていますが、
それを抜いて入っても良いようです。
お墓参りが終わった後は、
ちゃんと元に戻しておきましょうね。


・・・で、墓域に入ってはみましたが、
幕末の藩主11代毛利高泰と、
12代毛利高謙の墓がどれかわからない。
藩主家墓所の多くは、誰の墓か確認できる標柱や、
墓所の配置図などでどれが誰の墓がわかるのですが、
そういう類のものは何にもない。
墓石に刻まれている戒名、官位、享年など、
しっかり調べれば良いのですが、
事前リサーチ不足でした。残念。

三ノ丸櫓門前の駐車場のガイドさんによると、
佐伯市は(さいきし)と読みますが、
昔は「さえきし」と言ったらしい。
これは旧陸軍の基地があった関係で、
広島の佐伯と同音となるために、
大分の佐伯は(さいき)と変えられたという。
つまり、佐伯藩は「さいきはん」と表記されていますが、
実際は「さえきはん」だったとの事。

・・あ、藩主の墓をガイドさんに聞けば良かった。

■関連記事■
大分県佐伯市 佐伯城跡
 佐伯藩毛利家の居城跡。
大分県臼杵市 臼杵城跡
 隣藩の臼杵藩の藩庁跡。西南戦争では、西郷軍が籠城しました。
大分県宇佐市 佐田賀来家関連史跡
 佐田賀来家より反射炉ほ技術が佐伯藩に齎されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。