大分県宇佐市 佐田賀来家関連史跡

佐田賀来家は、佐田村の大庄屋。
一族から反射炉を製作した賀来惟熊
本草学者賀来飛霞などを排出しました。

宇佐市安心院町佐田で、佐田賀来家関連を巡ります。

宇佐市安心院町佐田周辺
(a賀来家屋敷跡,b佐田神社,c賀来家墓所)

まずは大庄屋賀来家屋敷跡へ。

賀来家屋敷跡(石垣)」。
県道716号線沿いから見えます。
ここに島原藩領山蔵組の大庄屋賀来家の屋敷があり、
周辺地域5000石を統括統轄しています。
しかし、西南戦争に乗じて発生した百姓一揆で焼かれ、
現在は石垣を残すのみとなっています。

石垣の側には説明板が建てられていました。

なんと賀来千賀子は佐田賀来家の直系?
テテテッテテッテレー!(←火サスのテーマ(笑))
TV朝日「旅サラダ」でここを訪れたようです。


石垣の上は現在畑や他家の墓があるだけですが、
少し奥に初代の墓があるようです。


佐田賀来家初代賀来景吉の墓」。
佐田賀来家の初代とのことですが、
詳細はあまりわかっていないようです。
室町時代の人物との事。

県道716号を西へ進み佐田神社へ。

佐田神社」。
佐田郷の総鎮守社。
武内宿祢素戔嗚尊大山祇命を祀ります。
幕末の佐田賀来家の当主賀来惟熊は、
この境内に反射炉を造り、大砲を鋳造しました。


大砲鋳造記」碑。
境内にある記念碑。
境内のどこに反射炉があったのかわかっていません。
賀来惟熊は、嘉永6年に反射炉の建設に着手し、
紆余曲折を経て安政2年に完成させています。
8門の大砲を鋳造するのに、2年の歳月を要したようですが、
最終的には100門を越す大砲を鋳造したとされています。

薩摩藩が反射炉を完成させたのは安政4年ですから、
民間で安政2年に反射炉を造っていたとは驚きですね。


佐田神社拝殿」。
横に長い開放的な入母屋造平入の拝殿。
この後ろに幣殿、本殿が続きます。

本殿を囲む塀に、
反射炉に使われたと思われる耐火煉瓦があります。

耐火煉瓦」の塀。
本殿を取り囲むように造られている塀は、
反射炉を取り壊した際の耐火煉瓦が使われています。
ところどころ焼けたような跡も見られました。

宇佐別府道路を超えて、賀来家墓所へ。

佐田賀来家墓所」。
本来別の場所にあったようですが、高速道路の建設に伴い、
現在の位置に移設されたようです。


賀来惟熊翁碑」。
佐田賀来家当主賀来惟熊の顕彰碑。
民間初の大砲鋳造に成功した偉業を称えたもの。
これも別の場所にあった墓所に建てられていました。


賀来惟熊墓」。
無数に並ぶ墓石の中央奥に建てられています。
ここには本草学者賀来飛霞の墓もあったようですが、
すっかり探すのを忘れていました。残念。
賀来飛霞は、帆足万里山本亡羊に本草学を学び、
大量の植物観察記録と精密な写生図を残した人物。
伊藤圭介飯沼慾斎と並ぶ、
幕末の三大本草学者の一人と称されました。

賀来惟熊は、幕末の佐田賀来家の当主で、
4人の息子と共に反射炉を建設し、大砲を造りあげた人物。
はじめ日出藩の注文で青銅砲を制作したのですが、
島原藩の許可を得て鉄製大砲を制作することに着手。
佐田神社境内に反射炉を造りました。

許可を得たといっても、資金はすべて自前
高い技術力と、多額の費用を必要とする反射炉を、
民間の手だけで完成させました。
もちろんスムーズにはいかないもので、
鉄の溶解温度に耐える耐火煉瓦の制作に苦心したり、
完成して火を入れてみても溶解温度に達しなかったりと、
苦心苦労の連続だったようです。

造られた大砲は隣国諸藩で配備され、
海防強化の一翼を担いました。
後に息子たちは島原藩や佐伯藩、鳥取藩等で反射炉を建設。
慶応2年に佐田神社内の反射炉は取り壊されます。

民間で日本で2番目の反射炉が造られたとは驚きです。
大砲鋳造の人夫は、佐田村及びその隣の且尾村の人々で、
鋳造技術者が多く育成された為、
各藩はこぞって彼らを雇ったという。
大砲のみならず、地元の雇用にも貢献したようですね。

■関連記事■
大分県宇佐市 佐田秀の歌碑と墓所
 討幕の挙兵をしながら味方に討たれた佐田秀の歌碑と墓。
大分県宇佐市 四日市陣屋跡
  西国筋郡代支配の天領代官所。
長崎県島原市 島原城①/
 佐田村は島原藩の飛地領。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。