大分県宇佐市 四日市陣屋跡

豊前四日市は中津藩小笠原家8万石の所領でしたが、
3代藩主小笠原長胤の悪政をみかねた幕府は、
長胤を改易して、本家小倉藩小笠原家預かりに処します。
しかし「祖先の勤労」に免じて断絶は免れ、
長胤の弟小笠原長円に半知4万石で家督相続させました。

没収された4万石は天領となり、
代官所が置かれて陣屋が築かれています。
これが豊前四日市代官所で、後に天草代官支配を経て、
西国筋郡代の支配となりました。


四日市陣屋跡」。
代官所陣屋の陣屋門が残されていますが、
遺構はそれだけしかありません。
代官所内はテニスコートとなっています。

鳥羽伏見の戦いの直後、佐田秀花山院隊は、
四日市代官所を襲いこれを占領。
大砲二門と食糧、軍資金を奪い、
本拠とした御許山に引き上げました。
この騒動に長府報国隊が出張し、花山院隊と交渉。
※佐田秀は元長府報国隊士。
花山院隊に入った報国隊の脱走兵の引き渡しを要求し、
これに幹部で脱走兵であった若月隼人が、
仲間の助命を求めその場で切腹。
退出しようとした佐田も、背後から斬られ惨殺。
直後に長府報国隊は御許山を攻撃し、
花山院隊を壊滅させています。

■関連記事■
大分県日田市 日田陣屋跡
 四日市代官所は、西国筋郡代支配の出張代官所。
宮崎県日向市 富高代官所跡
 同じく西国筋郡代の出張代官所。
大分県宇佐市 佐田秀の歌碑と墓所
 四日市陣屋を襲った花山院隊の首領佐田秀の歌碑と墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。