岡山県倉敷市 岡田陣屋跡

岡田藩は、羽柴秀吉黄母衣衆の一人伊東長実を祖とし、
長実は秀吉の死後に石田三成と敵対。
徳川家康に三成の挙兵をいち早く知らせる功績を挙げ、
これが関ヶ原の戦いの勝利の要因のひとつとなりました。

後の大坂の陣では豊臣方として参戦。
大坂城落城後、関ヶ原での功を鑑みられ、
改易はされず僅かな厳封で大名として存続。
以後、江戸時代を通じて伊東家が、
岡田藩の藩主として続いています。


倉敷市立岡田小学校」。
岡田陣屋跡は倉敷市立岡田小学校の敷地内。
訪問時は平日の午後。
あまりオッサンが一人でうろつけないので、
娘のみよちゃんと一緒に行こうと言ったのですが、
いかない」というので仕方なく一人で訪問。
校門付近で親御さんらしき人達が話していたので、
岡田陣屋の碑とかありますか?」と聞いてみると、
校門入ってすぐの場所にあると教えてくれました。


岡田藩址」碑と「岡田藩邸長囲炉裏」跡。
校門入ってすぐ右側にあります。
岡田陣屋の遺構はほとんど残っていません。
この長囲炉裏は、別の場所にあったものを移築したもの。
校舎の方に陣屋時代の井戸も残されていたようですが、
ちょっと入りづらかったので断念しました。

幕末の岡田藩の動向ですが、
さしあたって特筆するような事は無く、
維新後に恭順して備中松山藩討伐などに出兵しています。
岡田藩の幕末について、何かあればと探したのですが、
何も見つかりませんでした。

仕方が無いので、岡田に疎開していた横溝正史について。
横溝は肺結核の為に、
徴兵される事がなく執筆活動を続けていましたが、
終戦前の昭和20年に岡田に疎開しています。
戦後、制限されていた推理小説を勢力的に書き始めますが、
物語に登場する地名店舗などは、
岡田にあったものが多く使われました。
特に「本陣殺人事件」では川辺本陣を舞台としており、
物語に登場する場所の多くが、実際にあったりします。

ただ、その地名は一字だけ伏字となっています。
たとえは、清音駅は清―駅。高梁川は高―川など。
ですが作中の地名や建物などの配置は、実際の岡田そのもの。
探偵金田一耕助がどこで聞き込みをし、
どこで事件が起こったかなど、
岡田を散策すると見えてくるようです。
また、別の作品「獄門島」や「八ッ墓村」に、
登場する寺や祠もありました。
岡田は横溝ファンの聖地でもあるようです。

以上、幕末とは関係の無い話でした。

【岡田藩】
藩庁:岡田陣屋
藩主家:備中伊東家
分類:1万石、外様大名

■関連記事■
岡山県総社市 浅尾陣屋跡
 幕末に立藩した浅尾藩の陣屋。第二奇兵隊脱退士に襲われています。
岡山県倉敷市 東雲院(生坂藩仮藩庁)
 岡山新田藩の仮藩庁。
岡山県岡山市 庭瀬陣屋跡
 隣藩の庭瀬藩板倉家の陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。