岡山県岡山市 庭瀬陣屋跡

庭瀬陣屋庭瀬藩の藩庁。
廃城であった撫川城二ノ丸に陣屋を置いたものです。
撫川城は戦国時代、三村家親によって築かれた城で、
当時は沼地だったようです。
三村家親が滅亡した後は、毛利家の出城となり、
織田信長の備中侵攻に備える境目七城のひとつとなりますが、
撫川城は織田勢に攻められて落城してしまいました。

関ヶ原の戦いの後、戸川達安が都宇郡や賀陽郡を与えられ、
撫川城の二ノ丸に陣屋を置いて藩庁とします。
しかし庭瀬藩戸川家は4代で無嫡断絶
戸川家は改易後、5千石で再興を許され、
4代藩主戸川安風の弟で旗本の戸川逹富が継ぎ、
撫川城の本丸に知行所(陣屋)を置きました。
こうして撫川城は本丸と二ノ丸が別々の陣屋となり、
本丸は旗本戸川家陣屋、二ノ丸は庭瀬藩陣屋と、
1つの城跡に2つの陣屋が建てられる事になります。

その後、庭瀬藩には久世重之が5万石で、
次に松平信通が3万石で入った後、
高滝藩より板倉重高が2万石で移封してきて、
板倉家によって廃藩置県まで支配されました。

現地説明板やネットなどの説明では、
撫川城と庭瀬城がごっちゃになっており、
イマイチ説明が頭に入ってこないのですが、
まず撫川城があり、それが廃城となった後、
二ノ丸に陣屋が設置され、
その陣屋の事を別名で広瀬城といったという事。
撫川城の本丸には旗本の知行所となった為、
区別の為に撫川城、庭瀬城と分けたようです。
ああややこしい・・。


岡山市北区広瀬周辺(広瀬陣屋の場所)


普通の住宅地に水路がめぐらされた不思議な空間。
近世までは舟運が盛んに行われていたようですし、
山陽道も城下を通っていましたので、
陸路と水路の交わる交通の要所として栄えました。
こういう雰囲気の場所も珍しいので、
これからも埋め立てなどはせず、
このまま保存して頂きたいものです。


庭瀬陣屋跡」。
庭瀬陣屋跡は現在清山神社の境内となっており、
当時の建物は残っていませんが、堀は良好に残っており、
陣屋があった雰囲気は十分に伝わります。


庭瀬城址」碑。
小さな石橋を渡ってすぐ右手にある石碑。
失礼ながらあまり達筆ではない字で刻まれています。
庭瀬城となっていますが、庭瀬藩の藩庁は陣屋ですし、
家格も城主格大名ではありません。


八幡宮」。
敷地内にある八幡社。
この神社の由緒はよくわかりません。


御殿跡」。
陣屋の御殿があったであろう場所は、
遊具が設置された公園となっています。


庭瀬城跡」碑。
こちらにも跡碑がありました。
きれいな字ですが、フォントの香りがする文字ですね。


清山神社」。
板倉重昌板倉重矩を祀る神社。
よくある藩祖や中興の祖を祀る神社ですね。


大賀ハス」。
地元出身の学者大賀一郎が発見した2千年前の古代蓮
堀跡に綺麗に植栽されていました。
季節には淡紅色のハスの花が咲くそうです。

庭瀬陣屋跡を出て住宅地を少し歩いて撫川城跡へ。

撫川城跡」。
堀に囲まれた野面積の石垣が残っています。
撫川城本丸跡には、
旗本戸田家の撫川陣屋が設置されたとされ、
入口にある門は撫川陣屋総門で、
明治になってこの場所に移築されたもの。
撫川陣屋自体はこの撫川城跡の南側にあったようで、
現在は住宅地になっています。

庭瀬藩9代藩主板倉勝成は、
磐城平藩4代藩主安藤信由の次男で、
坂下門外の変で襲われた老中安藤信正の弟でしたが、
嘉永元年に家督を継いで、同年に病死しています。
10代藩主は伊勢崎藩の7代藩主酒井忠恒の三男で、
末期養子として藩主となりましたが、
安政5年にこれまた病死してしまい、
福島藩9代藩主板倉勝俊の四男板倉勝弘が跡を継ぎます。
この勝弘が最後の藩主となるわけですが、
庭瀬藩自体は特筆する事件もないまま幕末を過ごしました。
新政府が樹立すると、岡山藩の勧告に従い恭順していますが、
江戸では藩士数名が、彰義隊に参加するなどしています。

【庭瀬藩】
藩庁:庭瀬陣屋
藩主家:重宣流板倉家
分類:2万石、譜代大名

■関連記事■
岡山県高梁市 備中松山城①/
 板倉宗家備中松山藩の藩庁。
群馬県安中市 安中城跡
 同族の安中藩板倉家の居城。
福島県福島市 福島城跡
 同族の福島藩板倉家の居城。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。