福島県福島市 福島城跡

福島は江戸時代初期、米沢藩上杉家の領地で、
福島城一国一城令の例外として存続し、
上杉家の重臣本庄繁長が城代を務め、
以後、次男充長、六男重長が城代を務めています。

しかし、米沢藩3代藩主上杉綱勝が嗣子なく死去し、
米沢藩は無嗣断絶の危機に直面。
この危機に会津藩初代藩主保科正之が仲介し、
吉良上野介の長男が4代上杉綱憲として藩主を相続。
断絶の危機を脱しますが、30万石の領地は半減され、
福島城を含む信夫郡は、幕府直轄地となっています。

その後、本多忠国が15万石で福島に転封されますが、
すぐに姫路に再転封となり、再び幕府直轄地となり、
続いて堀田正仲が10万石で山形藩より転封してきて、
堀田家の統治が次代まで続いた後、
幕領を経て、坂木藩板倉家が福島に転封され、
以後、板倉家が12代続きました。


福島県庁(福島城跡)」。
現在の福島城跡は、福島県庁の敷地となっており、
その遺構の多くが失われています。

福島城は室町時代には大仏城という伊達家の城で、
その後杉目城と改称。
伊達晴宗隠居城にもなっています。
豊臣秀吉奥州仕置では、
蒲生氏郷会津42万石を与えられ、
配下の木村吉清が杉目城に入りました。
吉清は杉目を「福島」と改称し、福島城が誕生。
蒲生家が会津を去って上杉家が入って以降も、
福島城と呼ばれています。


磐州河野広中像」。
県庁本庁舎東側にある河野広中の銅像。
三春藩士であった河野は、藩是を恭順にまとめ、
奥羽越列藩同盟に加盟する三春藩を脱退させ、
東山道先鋒総督府参謀であった板垣退助と会見。
三春藩は帰順を許されて新政府軍として、
二本松や会津で戦っています。

維新後は福島の官職を歴任した後、
自由民権運動に目覚めて石陽社を設立し、
東北地方の自由民権運動の魁となり、
また板垣が結成した結社愛国社の再興に尽力。
国会開催を訴えて自由党結成に参加し、
福島県令三島通庸の圧政に対抗して、
内乱陰謀の容疑で検挙されました。

大日本帝国憲法発布に伴う恩赦で出獄し、
第1回衆議院議員総選挙に出馬して初当選。
以後、14期連続当選を果たしています。


紅葉山庭園(二の丸御外庭跡)」。
数少ない福島城の名残りで、
二の丸に造成されていた外庭を、
紅葉山庭園として整備したもの。


令和元年台風第19号による被害で、
ここも浸水した模様で、修復が行われていました。
福島県では、2日間で3ヶ月分の雨が降り、
阿武隈川が広範囲で決壊し、
人的被害が最も多かったとの事。
地震津波原発、そして今回の台風と、
福島県は多くの困難に見舞われており、
お見舞い申し上げると共に、
陰ながらエールを送りたいと思います。


板倉神社」。
島原の乱で討死した藩祖板倉重昌と、
その跡を継いだ板倉重矩を祀る神社。
8代藩主板倉勝長が江戸藩邸に建立したもので、
その後、本丸内に遷座されて幕末まで鎮座し、
明治2年に板倉家が三河国重原に転封となった為、
一時重原に遷座していますが、
旧領民の懇請で再度遷座し、
現在の位置に再建されています。


土塁跡」。
県庁裏手の職員用駐車場には、
福島城の土塁が残っています。
意外にしっかりと残っていました。

鳥羽伏見の戦いが新政府軍の勝利で終わった後、
福島藩は家老渋川教之助を上洛させ、
恭順の意を示しました。
その後、奥羽鎮撫副総督醍醐忠敬が福島に入り、
奥羽軍事局を設置して会津征討の本陣と定められます。

世良修蔵の横暴な振舞いに敵意を持った仙台藩は、
閏4月20日に世良を殺害していますが、
この世良暗殺には福島藩士も加わっています。
そして奥羽越列藩同盟が設立されると、
福島藩もこれに加わり白河城へ出兵。
棚倉城磐城平城などが相次いで陥落する中、
前藩主板倉勝顕、藩主板倉勝己米沢に移り、
残った重臣達によって城内評定が開かれました。

ひとまず開城して藩主の指示を仰ぐ事が決まり、
福島藩士達は城を開けて米沢方面に向かい、
これを知った勝己は福島に戻って降伏を決意。
謝罪状を提出して謹慎しています。

城は新政府軍に明け渡されたので、
以後の政務は福島藩士名倉治部助宅で行われ、
明治2年に重原への転封が言い渡され、
重原藩が立藩しました。

【福島藩】
藩庁:福島城(後に重原陣屋へ移転)
藩主家:重昌流板倉宗家
分類:3万石、譜代大名

■関連記事■
福島県三春町 紫雲寺・龍隠院・高乾院
 河野広中は三春出身。紫雲寺に遺髪塚があります。
福島県福島市 世良修蔵官修墳墓
 福島稲荷神社境内にある世良修蔵の墓。
愛知県刈谷市 重原陣屋跡
 明治2年に福島藩は飛地の重原に藩庁を移しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。