福島県三春町 紫雲寺・龍隠院

三春町は城下町のたたずまいを残す美しい町。
三大巨桜の1つとして知られる「三春滝桜」があり、
是非とも春に訪れたい場所ですが、残念ながら今は秋。
今回も幕末に関係する史跡を巡ります。

紫雲寺

紫雲寺本堂」。
天正15年開山の浄土宗の寺院。
ここには河野広中の遺髪塚や官軍兵の墓があります。


磐州河野先生遺髪塚」。
本堂の左に河野広中の遺髪墓があります。
河野広中は、三春藩を新政府恭順に向かわせた人物。
恭順後は、二本松会津の戦いに新政府軍として参加し、
戦後は自由民権運動家として活躍して衆議院議員となり、
第2次大隈重信内閣農商務大臣にもなっています。

この河野広中という人物。
かなり男前なんですよね。

河野広中
TOKIOの松岡に似てると思いません?

さて、紫雲寺には、他に官軍兵の墓もあります。

官軍墓」。
左から「官軍土藩近藤楠馬正道墓」、
大村藩夫卒新兵衛墓」、
官軍土藩井上弥太右衛門時義墓」、
土佐軍夫日下専六墓」、
官軍江口精馬重条墓」。
大村藩夫卒新兵衛以外は、迅衝隊(土佐藩)のメンバー。
本宮、二本松、若松の戦いで戦死、戦病死した兵達です。

龍隠院

龍隠院本堂」。
三春藩主秋田家の菩提寺で、
三春移封にともなって現在地に移転。
戊辰戦争では野戦病院として使われました。

境内の墓地には、新政府軍兵の墓と忠魂碑があります。

戊辰之役忠魂碑」(中央)「官軍伊集院貞之助墓」(左)
本木弥三郎信吉の墓」(右)
伊集院貞之助は佐土原藩士、
本木弥三郎は館林藩士。
共に会津戦争で戦死しています。

ここには藩主の墓もあります。

大仰院殿法鑑高輪大居士」。
8代藩主秋田長季の墓。
幕末の藩主ではありませんが、
ちょっと変わった経緯がありますのでご紹介。
他の藩主は高乾院にあるのですが、
8代長季のみがここに埋葬されてます。
当時、高乾院に住職がいなかった為に、
長季の葬儀を龍隠院で行ったという。
以後は、高乾院に住職が入っていますので、
結局、長季だけが龍隠院となっています。
なんだかちょっとかわいそうですね。

■関連記事■
福島県三春町 三春城跡
 三春藩秋田家の居城。
福島県福島市 福島城跡
 福島城跡の県庁敷地内に河野広中の銅像があります。
福島県福島市 高乾院(三春藩秋田家墓所)
 三春藩秋田家の歴代墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。