岡山県総社市 浅尾陣屋跡

豊臣秀吉の旗本であった蒔田広定は、
父の蒔田広光が死去すると、
その跡を継いで1万石の大名となりましたが、
関ヶ原の戦い西軍に属したために改易。
後に、舅であった大島光義や、
親交のあった浅野行長らの尽力で許されて、
備中浅尾に転封となり、浅尾藩が成立しました。

広定の死後、長男蒔田定正が家督を継ぎますが、
遺言によって次男長広に3000石が分与された為、
大名ではなくなりました。
以後は旗本として江戸時代を通じて11代続き、
文久3年に、 江戸市中警護の功で高直しが行われ、
大名となって諸侯に列しました。

再び大名となった蒔田家でしたが、旗本からの昇進の為、
元々外様だったはずが、譜代大名となっています。

総社駅北側周辺(浅尾陣屋の場所)
蒔田家は旗本時代より、交代寄合であったため、
大名と変わらぬ統治を行っていたようです。


浅尾藩校集義館跡」。
広孝によって開かれた学問所で、
現在は薬局チェーンの研修所となっています。


稲荷神社」。
丘陵部の頂上のある神社で、
御殿が建てられていたとされていますが、
どうもこの神社ははじめからここにあったようで、
藩主の御殿があった場所は、
近くの民家が集まっている場所のようです。


浅尾陣屋跡」碑。
藩主蒔田広孝京都見廻役を任じられており、
禁門の変長州藩と戦っています。
その恨みが原因かはわかりませんが、
立石孫一郎に率いる第二奇兵隊脱走兵100余名は、
倉敷代官所を襲撃した後、
浅尾陣屋の北側にある宝福寺に宿営。
これに陣屋の留守居役は早々の立ち退きを要求し、
交渉の末に明日立ち退く事が約束されました。

しかしその深夜。
脱走兵達はひそかに浅尾陣屋に近づいて、
陣屋内の建物に次々と放火
火事に驚いた陣屋内は大混乱となり、
夜襲と気付いた藩士らは、
大砲を発射するなど応戦しますが、
陣屋から退却しています。

知らせを聞いた藩主広孝は、
急遽幕府の許可を得て帰国。
陣屋はその大半を焼失してしまっていましたが、
その修復も十分に出来ぬまま、
職務の為に京都に戻らざるを得ず、
広孝が京都見廻役を退任したのは、
慶応3年になってからでした。
その間の政務は仮藩庁を設けていたようですが、
最後まで陣屋の修復もされずに、
明治維新を迎えています。

【浅尾藩】
藩庁:浅尾陣屋
藩主家:蒔田家
分類:1万石、譜代大名(定府)

■関連記事■
岡山県倉敷市 倉敷美観地区と倉敷騒動
 脱走兵らは浅尾陣屋を襲う前に、倉敷代官所を襲っています。
岡山県岡山市 庭瀬陣屋跡
 隣藩の庭瀬藩板倉家の陣屋跡。
岡山県倉敷市 岡田陣屋跡
 隣藩の岡田藩伊東家の陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。